« 服が透けて裸に見えるiPhone アプリ | トップページ | nano 5Gの色 »

2009年10月29日 (木)

迷走

任天堂のDSiが画面サイズを大きくしたLLを新製品として発表した。

そもそもDSLiteが売れたのはソフトが秀逸なものが揃ったことと、あのサイズに「小さくなった」からが大きいはずだ。発表の席でも小さく携帯性が上がったというのがアピールされていたと記憶している。
それが大きいだけではなく、100gも重たくなった。

今はDSLiteを使っているが、面倒な時はスーツの上着ポケットに入れてドラクエのすれ違い通信をしている。今度のDSi LLは同じことは出来ないだろう。

さらに新機種になるたびにどんどん値上げしているというのも変な話だ。
本来半導体製品は世代を重ねるごとにシュリンクが進みコストがダウンするはずのものだ。
モデルチェンジとしては大きくわけて、シュリンクによって値下げするパターン(PS3やPSPなど)と、下がった分のコストを機能追加で埋めて同じ価格で機能をアップするパターン(iPodなど)の2パターンが基本だ。

任天堂の場合は、機能を追加した分が純粋にコストアップになっているようにしか見えない。

そもそも、DSの売れ行きが鈍くなってきたのはユーザが機能に不満を持っているわけでもなく、単にマーケットが飽和したに過ぎない(キラーソフトが減ってきているせいでもある)。Wiiに至っては楽しいゲームが無いからだ。

ブルーオーシャン戦略のサンプルとしても語られることが多いが、元々DSはグラフィックへの依存を捨てることで成功したビジネスだ。それをDSi以降の高画質化という時点で、解像度の低いゲームは汚く表示されるようになってしまっているし LLになればさらに惨いグラフィックになるだろう。
画面を大きくするというのは、ある意味DSのアイデンティティに反することだ。

目の不自由なお年寄りには受けるかもしれないが、携帯電話に携帯プレイヤーと普段から持ち歩くものが多い現代の若い世代には、ゲーム機の巨大化は受け入れられないのではないだろうか。
(事実、色が落ち着いた色ばかりでユースターゲット向きではないことを物語っている)

|

« 服が透けて裸に見えるiPhone アプリ | トップページ | nano 5Gの色 »

その他ハードウェア」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/579837/53064757

この記事へのトラックバック一覧です: 迷走:

« 服が透けて裸に見えるiPhone アプリ | トップページ | nano 5Gの色 »