« OnyXでカスタマイズ | トップページ | PIOモードからの復旧 »

2009年10月10日 (土)

宅配便

ヤマト運輸の不在の際には携帯に自動で連絡してくれるサービスが○。どうしても昼間の仕事だと不在が当たり前になるが、このサービスのおかげで大事な荷物をほぼその日に受け取ることが出来る。
JPエクスプレスは日通から引き継いでいるが、特に可もなく不可もなく基本は押さえている。

レベルが低いのは佐川急便だ。何しろ情報の更新が遅い。都内で出荷してから同じく都内の最寄りの配達所へ配送中のステータスが何故24時間かかるのか。ましてや荷物を受け取った直後もまだそのステータスのままだったりもする。
今日の13時にショップから発送通知のメールが来たが、17時現在でもその荷物番号の情報は登録されていない。
一応インターネットに対応はしています的な中途半端なシステムだ…というより、情報鮮度を無視したITサービスに価値はない。

さらに再配達の時間指定も一番遅い時間が18時〜と勤め人のことを考慮していない。他の業者は大抵20時〜の枠があって何とか帰宅して受け取れるのだが、佐川で最遅の時間を指定しても18時過ぎに不在が入っていて帰宅してからドライバに連絡することになる。さらにそんなケースで21時前でも「今日の配送は終わったから再配達は明日以降」と言ってくる。これは辛い。

宅配業者は地域(というか配達担当者)によって大きくサービスが異なる。
ヤマトとJPの配達担当には恵まれていて、以前に夜間の再配達をお願いした際に「夜遅い方がありがたい」という話をしたら(担当者から「夜遅い方がいいですか?」と聞いてくれた)、通常の配達ですら一番遅くに廻ってくれるようになった。
佐川急便はここでもダメで、必ず午前中に配達に来る。夜に来てくれるとありがたいし、一度で受け取れると話をすると「わかりました」との返事があったにも関わらずだ。さらには夜間の時間帯指定をしていても平気で午前中に持ってくる困ったさんだ。

アップルストアはヤマト運輸だから、このMacBookも配達を楽しみにしていると期待したとおりの時間に届いた。
問題なのはAmazonだ。以前は日通で配達サービスもよかったのだが今は佐川になってしまい不便この上ない。プライムはヤマト運輸だけど年間4,000円弱で微妙な値段だ。配送業者を選択できればいいのに。

|

« OnyXでカスタマイズ | トップページ | PIOモードからの復旧 »

internet」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/579837/53064730

この記事へのトラックバック一覧です: 宅配便:

« OnyXでカスタマイズ | トップページ | PIOモードからの復旧 »