« Google Chrome for Mac | トップページ | iPod nanoのシャッフルが弱い »

2009年10月 3日 (土)

Windows 7 on MacBook

Parallels Desktop 4.0のビルド3864にWindows 7をインストールしてみた。

インストールしたWindows 7は製品版のProfessional Editionだが、何にも引っかからずにインストールされたしParallels Toolのインストールも無事終了。
Windows Updateを実行したところ早速更新プログラムが1つインストールされた。その他Silverlightもデフォルトではインストールされず、Windows Update経由でのインストールとなった。

動作は極めて快適で、ネイティブのマシン上で動いているのとそう大差は無い。
試しにWindowsエクスペリエンスを計ってみたところ、
プロセッサ:5.5
メモリ:4.5
グラフィックス:1.9
ゲーム用グラフィックス:1.0
ハードディスク:6.3
という数字だった。
(Macbook2009で、CPUを2、メモリ1024MB割り当て実行)
グラフィックが弱いのは当然だが、別にAeroを使いたいわけでもないし(DirectX9までの対応なのでAeroは動作しない)、そこそこ使える数字だと思う。

ついでだからOffice 2007もインストールしてみたが、こちらも問題なし。Coherenceモードで快適に使用出来た。
これだとBootCampを入れる必要は全く感じない。
ただし、ファンはずっと周りっぱなしで、多少気にならないこともないが、全体的な操作感としては同じ環境にインストールしているWindows XPのSP2よりも快適に感じられるぐらいだ。

iTunesをインストールしていない状態でiPod nanoを接続したところUSBとしては認識されたが、切断が出来ない状況となった。
改めてiTunesをインストールしてから繋いでみたところ、あっさりと認識して切断も問題なし。

以前WindowsとMacの間のライブラリ同期について書いたが、近いうちにParallels Desktop上のWindowsからMac上のiTunesライブラリを認識して、ACCUSYNCで同期出来るか確認してみるつもり。
これが出来れば、Windows - Mac間のライブラリ同期の問題は一挙に解決する。
(おそらく問題は、MacのiTunes LibraryファイルとWindows のiTunes Library.itlファイルの同期に絞られると思う)

Parallels Desktop 4.0 For Mac

|

« Google Chrome for Mac | トップページ | iPod nanoのシャッフルが弱い »

Mac」カテゴリの記事

Parallels Desktop」カテゴリの記事

Windows」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/579837/53064723

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 7 on MacBook:

« Google Chrome for Mac | トップページ | iPod nanoのシャッフルが弱い »