« Magic Mouseはくせになる | トップページ | 今日のアマゾンお値打ち品?便利品?(2009/11/12) »

2009年11月12日 (木)

apple製品を安く買う - 本体編

以前の純正周辺機器を安く買う方法に続いて、本体製品を安く買う方法。学割サービスは良く知られているが、それ以外にも幾つか方法はありそうだ。

1世代以上前のモデルになると、逆に整備品よりAmazonなどの在庫を狙った方が安くなる。例えばApple MacBook Air 1.86GHz 13.3インチ MB940J/AはSSDのMacBookAirで、現行機の安いモデルを1万円でSSDに換装したようなものだ。タイミングによってはかなり割安のものを見つけることも出来るので、小まめにチェック。CPU性能よりもただ薄いAirを探すのであればApple MacBook Air 1.6GHz 13.3インチ MB543J/Aは現行の最安モデルよりも2万円安となる。1.86GHzと1.6GHzのCPUの差なんて並べて使用しない限りはあまり体感差はないだろう。
Amazon - アップル関連製品

最新ないしは1世代前ならばアップルオンラインストアの整備品を狙うのも有りだ。
整備品といっても1年の保証がついているし、中古品を整備したものではないので品質的には新品と同等だからお買い得と言える。旧製品の新品を販売している場合もある。どこのメーカーでも社内向けなどにB級品販売などをしているが、それを一般を対象にしたようなものだ(その分、メーカーのB級品セールよりは若干お高め)。
個人的にはiPod(HDD)がiPod Classicになって銀の筐体になってしまったのが残念で、白のポリカボモデルを整備品で購入した。それでも1ヶ月前まで現行品だったもので、その時よりも数千円安く買えたのだからお買い得とも言えるだろう。
仕様変更が自分の望まないものだったりした場合は旧製品の方がいい場合もある(例えばMacBookでFireWireが使いたければ一世代前のモデルになる)。
アップルストアの最新情報メーリングリストに登録しておくと、新たな整備品が追加されたときにメールで知ることが出来る。

職場のメンバーなどである程度まとめて購入するなら「メンバー」の記念品としてアップルコーポレートギフトプログラムを利用することも出来るかもしれない。Macは難しくてもiPodならばある程度の数は集められるのではないか。

Mac本体については、法人で購入することで安くなる。法人向けと聞くと法人格を持っている組織に属してないとならないように考えてしまうが、フリーのライターやプログラマーなど個人でも仕事で使用する場合には法人で購入出来るらしい…ということを以前、アップルストアのワークショップに参加した際にストアの人が話していた。個人経営のお店で在庫や収支管理に使うなどでも大丈夫かもしれないので、相談する価値はあるだろう。
メールや電話よりも、Apple Storeに直接行って色々相談する方がいいかもしれない。

恒例のホリデーギフトが始まった。このシーズン中は新製品の発表は無いのでモデルチェンジの心配無く購入出来る(もっともiPodもMacもモデルチェンジしたばかりなので年内の変更は無いのだが)。

|

« Magic Mouseはくせになる | トップページ | 今日のアマゾンお値打ち品?便利品?(2009/11/12) »

iPod」カテゴリの記事

Mac」カテゴリの記事

ショッピング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/579837/53064784

この記事へのトラックバック一覧です: apple製品を安く買う - 本体編:

« Magic Mouseはくせになる | トップページ | 今日のアマゾンお値打ち品?便利品?(2009/11/12) »