« メニューバーからSpotlightのアイコンを非表示にする | トップページ | Magic Mouseはくせになる »

2009年11月10日 (火)

Parallels Desktop 5 for Mac と Magic Mouse

仕事帰りに銀座に寄ったのでぶらりとアップルストア銀座へ。
たまたまnanoで流れていた曲と同じ曲が店内に流れていて、ヘッドフォンを外したのに同じ曲が聞こえてきたことに一瞬ビックリした。

4階まであがらなくても、1階にMagic Mouseが山積みだったのでついつい購入。
量販店やオンラインストアでは100個単位のバックオーダーを抱えているようだし、アップルオンラインストアでも1週間近い納期だが、直営店には贅沢に入荷しているようだ。

家に帰ってみると10.6.2のアップデートが出ていたが、とりあえずスルーしてBluetoothの起動とMagic Mouseの接続を行う。
デフォルトではクリックとカーソルの移動しか出来ないが、Wireless Mouseソフトウェア・アップデートをインストールして再起動するとスクロールやスワイプが使えるようになる。
ドライバ(アップデート)のサイズが大きいのはマウス設定画面内の操作方法ムービーのせいだろうか?
Mouseconfig
MacBookでもスワイプが出来るようになったことがちょっと嬉しい。
スクロールについても、iPhoneのように慣性スクロールが出来るようにもなっている。

※Onyxでメニューバーを白にしていたがWireless Mouseソフトウェアアップデートをインストールしたら半透明に戻ってしまった。

その後、Parallels Desktopを起動。右クリックやスクロール、スワイプなど全てSnow Leopardと同じように動作した。ただし、慣性スクロールの動きだけはぎこちない。
アップルではWindows用のMagic Mouseドライバを準備中のようだが、Parallels Desktop 5上のWindowsでは必要無い。

前回の記事でCoherenceモードでAeroが無効と書いたが、構成画面でCoherenceモードでAeroは有効に出来た。
Pd_coherence

また、フルスクリーンモードからウィンドウモードやCoherenceモードに移行する際にもマウスで操作出来るようになっていた。
Pd_fullscreen

Fullscreen

Magic Mouseはコードレスでスクロールやスワイプが出来て、慣性スクロールの演出もある上に、Parallels Desktopでも同じように使えるMagic Mouseにはほぼ満足した。
唯一、ケチをつけるとすればマウスの底のラバーが堅いことだ。もう少し柔らかいゴムだったらMacBookのパームレストでも操作出来るのだが、堅いだけにパームレストが傷だらけになってしまいそうで断念。
それでも使っていて満足だし、他人にも勧められる出来だ。

ついでにMagic Mouseの機能をほぼフルに使えたことでParallels Desktopの株も急上昇。

2009/12/29 build 9308リリース

Parallels Desktop 5 for Mac

|

« メニューバーからSpotlightのアイコンを非表示にする | トップページ | Magic Mouseはくせになる »

Mac」カテゴリの記事

Magic Mouse」カテゴリの記事

Parallels Desktop」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/579837/53064782

この記事へのトラックバック一覧です: Parallels Desktop 5 for Mac と Magic Mouse:

« メニューバーからSpotlightのアイコンを非表示にする | トップページ | Magic Mouseはくせになる »