« 奇跡を奪うということ | トップページ | メニューバーからSpotlightのアイコンを非表示にする »

2009年11月 8日 (日)

キーボードランチャー

Auftakt
Auftakt(フリー)


Macのインタフェースにおいて売りの一つは1ボタンマウスに代表される(もっともコンテキストメニューの充実に伴い2ボタン化の流れにはあるが)GUIの高い操作性だが、同時にキーボードショートカットの充実があると思う。

遙か昔の漢字Talk時代からNowMenusなどを使って、アプリケーションの起動から操作までどちらかと言えばマウスではなくキーボード中心で操作してきた。
アップルQ、アップルC、アップルV(当時はアップルキーがあったのでこう呼んでいた)などの基本的なショートカットをリファレンス化してInside Macintoshによってアプリケーションの標準インタフェースとしたのは、アップルの功績の1つだ。「C」や「V」などはWindowsですら使用出来るが、恐らくこれはMicrosoftの初期のアプリケーションであるWordやExcelがMacintosh向けに開発されていたことから引き継がれているのだろう。
(解析処理がメインだったので、ExcelではなくKaleidaGraphの方を使っていた)

Auftaktはキーボードランチャーだ。システム環境設定から起動しておくと、アプリケーションの起動をキーボードで行えるようになる。
予め、対象とするアプリケーションを格納しているフォルダを設定しておくだけで、前方一致や部分一致でアプリケーションを選択して起動することが出来る。ただそれだけなのだが、そのシンプルさがいい。

Auftakt

|

« 奇跡を奪うということ | トップページ | メニューバーからSpotlightのアイコンを非表示にする »

Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/579837/53064780

この記事へのトラックバック一覧です: キーボードランチャー:

« 奇跡を奪うということ | トップページ | メニューバーからSpotlightのアイコンを非表示にする »