« Apple純正品を安く買う (今日のアマゾンお値打ち品?便利品?番外編) | トップページ | キーボードランチャー »

2009年11月 7日 (土)

奇跡を奪うということ

人の「生」は奇跡だ。

産まれたことも奇跡だし、その後も生き続け育ち老いていくのも奇跡だ。

大昔、幼稚園の頃に車まであと10cmでぶつかりかけたこともあるし、高速道路で150kmで走っていて(この時点でアウト)インターチェンジから入ってきた車まであと数十cmのニアミスもしたことがある。41度の熱を出して動けなくなったこともあるし、手術をしたこともある。
従兄弟は10歳で亡くなったし、母は四十代で他界した。
前の日に笑顔で分かれた職場の同僚が翌日にはこの世から去ってしまったこともあるし、知り合いが通り魔に刺されたこともある。
だから、今、こうして生きていることが奇跡的なことだと思える。

人は毎日気がつかないうちに少しずつ奇跡を起こしながら生き続けている。

翌日、相手先に挨拶に行くとブログに喜びを表していた男性。
就職を控えていた学生。
1日のバイトを終えて、今日も無事に終わろうとしていた学生。

みんな奇跡を繋いで生きてきたのに、他人によって奇跡の芽を摘まれてしまった。
当たり前の日常に幸せを見つけて、明日も今日から続くと信じていたはずなのに。

悔しい。とても悔しい。
奇跡はとても尊く、そして取り返しのつかないものだ。
それを奪う行為は誰にも許されていない。
それを奪う行為をした人を許せない。

|

« Apple純正品を安く買う (今日のアマゾンお値打ち品?便利品?番外編) | トップページ | キーボードランチャー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奇跡を奪うということ:

« Apple純正品を安く買う (今日のアマゾンお値打ち品?便利品?番外編) | トップページ | キーボードランチャー »