« モバイルMac | トップページ | 架空請求メール »

2009年11月 3日 (火)

シリーズモノ

比較的本を読むし、気に入った作家はまとめ買いをして一気に読むことが多いが、シリーズモノを読むということはあまりしない。
何故か。待つのが嫌だからである。
映画のように大きなビジネスになると比較的短期間にリリースされるが、本は作者の気分次第だ。下手をすると何年も間が開いてしまう。これが辛い。何故本を読むかといえば面白いのだが、面白いだけに待っている時間が辛くなる。例え1冊でストーリーが完結しているとは言っても、続きがあると分かっていると(なお辛いのは続きが「あるかもしれない」と分からないことである)、早く読みたくてならないのだ。だから可能であれば連作は最後まで出るのを待って一気に読むようにしている。

今日ふらりと本屋に寄ったらジェフリー・ディーヴァーのリンカーン・ライムシリーズの最新刊「THE BROKE WINDOW(邦題は何故かソウル・コレクター)」が出ていたので購入した。リンカーン・ライムシリーズが誤算だったのは最初のボーン・コレクターを読んだときにシリーズになると思わなかったことだ。2冊目のコフィン・ダンサーが出たときに「しまった」と思ったが、これが面白かった(個人的にはこの2作目が一番好きだ)のだからなおさらである。幸いなことに作者が最低でも2年に1度は出すと言ってくれているのがまだ幸いだが、翻訳に時間が掛かることもあって、待ちきれない場合には原書を買ってしまう(といっても英語がネイティブほどではないので読むのはゆっくりとしたものになってしまい、悔しい思いをするのだが)。
このシリーズは常に一定のレベルで書かれているので「ハズレ」が無いから、安心して読める。
今回のストーリーは前作の事件も脇線で入って…いるかもしれなくて、シリーズを読み続けている人には楽しめる内容になっている…かもしれない。

もう一つ読み続けているものに宮本輝の流転の海シリーズがある。こちらはもっと辛い。何が辛いと言えばいつ出るかが分からないことだ。本人がライフワークに位置づけているからなおさらだ。どこかでサイン会の際に年老いた読者に「最後まで読みたい」と言われて「無理でしょう」と答えたと読んだ記憶があるが、言われた方はショックだったろう。
半分自叙伝のような内容のため、宮本輝の愛読者にはかつて読んだことのあるようなエピソードが多いのだが、それでも力強い文体はついつい読み入ってしまう。この本の中には今の日本からは消えかけている(良くも悪くも)日本人らしさが描かれていて、一冊読み終わる毎に色々考えさせられてしまう。

シリーズモノの一番怖いところは作者の寿命である。子供の頃、手塚治虫(小学生の頃、会ったことがある)の「火の鳥」シリーズが好きだった。これは遠い過去と遠い未来から、過去→未来→過去とどんどん現代に近づいていくというシリーズだったのだが、残念なことに手塚治虫の死で現代まで戻ることが出来なかった。

リンカーン・ライムシリーズはいつ完結してもほぼ大丈夫な作りになっている(一部伏線があるが何とかなるだろう)からいいが、流転シリーズは下手すると最終話が作者の人生の終焉になりかねない内容なのでハラハラしている。「完」が読めることを期待している。

ソウル・コレクター
コフィン・ダンサー〈上〉(文春文庫)
コフィン・ダンサー〈下〉(文春文庫)
流転の海 (新潮文庫)

|

« モバイルMac | トップページ | 架空請求メール »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/579837/53064769

この記事へのトラックバック一覧です: シリーズモノ:

« モバイルMac | トップページ | 架空請求メール »