« MagicPrefs もう一つのMagic Mouseユーティリティ | トップページ | Intel、1月に新プロセッサ発表 »

2009年12月18日 (金)

Flash 10.1 Beta2はPowerPCをサポート

Fp128
Flash Player 10.1(10.1.51.66)


Flash Player 10.1ベータ2がリリースされた。バージョンは10.1.51.66。

主にバグフィックスがメインで、Macでハードウェアデコードは動作しない。
本バージョンからPowerPCがサポートされたが、PowerPCをサポートするのは10.1正式版(2010年リリース予定)が最後になるとのこと。理由としては古いPowerPCではパフォーマンスが発揮出きないかららしい。

バグフィックスの内容は様々だが、Youtubeで検索から戻るとビデオが固まるのも修正されている。

ベータ2から日本語入力関係が新たな問題としても上がっているが、それほど影響はなさそう。
また、Mac関連ではSafariでキーボードショートカットによるクリップボード操作が動かないこと、PowerPCのFirefoxで設定画面が無反応になること、Snow LeopardのSafari4で特定のサイトが閲覧出きないことなども今回のリリースで問題点として上がっている。

2010/04/30 プレビューリリースでハードウェアアクセラレーションに対応

|

« MagicPrefs もう一つのMagic Mouseユーティリティ | トップページ | Intel、1月に新プロセッサ発表 »

Mac」カテゴリの記事

Windows」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/579837/53064821

この記事へのトラックバック一覧です: Flash 10.1 Beta2はPowerPCをサポート:

« MagicPrefs もう一つのMagic Mouseユーティリティ | トップページ | Intel、1月に新プロセッサ発表 »