« 数独 | トップページ | 今日のアマゾンお値打ち品?(2010/03/14) »

2010年3月13日 (土)

1Password for iPhone/iPod touch

1password
Password for iPhone/iPod touch


1Passwordはブラウザを内蔵していて、ブラウザで表示した際にログイン情報を自動的に設定してくれる。1Password ProはSafariと連動しているようだが未購入。
とりあえずiPod touchからアクセスするサイトで個人情報にかかるものを1Passwordに設定したところ23サイトあった。結構あるものだ。

使い方は簡単なのだが全て英語表示であり、Walletの情報などは日本の事情とは少し異なっている。

1Password :1Password
1Password Pro :1Password Pro

1Password for iPhone/iPod touchの初回起動時に[Unlock Code]と[Master Password]の2種類のパスワードを設定する。
[Unlock Code]は以降の1Password起動時に投入する4桁の数字で、[Master Password]はさらに高度なセキュリティ用の英数記号の複雑なパスワードを設定する。ちなみに18桁の英字・数字・記号が混在したものを設定。
1password_01

1Passwordを起動すると先に設定した[Unlock Code]の入力が要求される。
1password_02

画面右上の+アイコンをクリックすると、設定を追加出来る。
ブラウザのログイン情報を追加する場合は、Loginをクリックする。
1password_03

代表的なサイトのテンプレートが用意されているが、全てアメリカのサイトのみだ。
1password_04

まず、追加したいサイトでパスワード入力画面をSafariで表示してURLをコピーする。
次に1Passwordを起動してAdd - Loginで[Regular Login]をクリックしてURLをペーストすると、サイト名はドメインから自動的に設定される。そこで[Save]をクリック。
1password_06

[Username]にアカウントを、[Password]にパスワードを入力して、[Save]をクリック。
1password_06

1Passwordを起動してアクセスしたいサイトを選択する。
1password_09

URL横の→をクリックするとブラウザが起動して、設定しておいたパスワードが自動的に入力されている。
1password_10

ユーザ名やパスワードが自動的に入力されていない場合は、ブラウザ下部の鍵穴のアイコンをクリックすると上部にアカウント名とパスワードが表示されるのでタップでコピーして貼り付ける。
1password_11

アカウントとパスワードの自動入力は、サイトに設定されている入力ボックスの名前に連動されている。
(Regular Loginで作成するとアカウントはusername、パスワードはPasswordという項目に紐付けられている)
そのため、サイト特有の名前を設定している入力ボックスには上記のように自動入力されないケースがあり得る。
そのような場合には、入力ボックスの名前をサイトで設定されているものに変更すると(そのためにはMacやPCのソース表示で入力ボックスの名前を調べる必要がある)、自動的に設定してくれるように変更出来る。
例えばDropboxの場合はアカウントはlogin_email、パスワードはlogin_passwordという名前だった。
1password_07

1password_08

インターネットバンキングのように重要な情報は、[Master Password Protection]をONにすることで、先に設定したマスターパスワードの入力が必要となるようにも設定出来る。
マスターパスワードのON・OFFはサイト毎に設定。
1password_12

1password_13

その他にも、ブラウザ以外のアカウント情報やクレジットカードや銀行カードの情報も設定しておくことが出来る。
直接1Passwordから使用出来るのではないが、財布を無くした時のために口座番号や連絡先の電話番号を保存しておくことにする。
ソフトウェアライセンスは特に使用することはなさそうだ。

Generated Passwordを使うと桁数を指定してパスワードを自動生成してくれる。
1password_14

[More]-[Setting]で各種設定が可能。
1password_15

[Security]からはパスワードの変更やオートロックのタイミングを設定出来る。
1password_16

[Database]からはバックアップやリストアやデータベースの初期化が可能だ。
[Backup & Restore]をクリックすると、画面にURLが表示される(:以降のポート番号はランダム)。表示されたURLにMacやPCのブラウザからアクセスするとバックアップファイルのダウンロードやリストアが出来る。
1password_17

1password_18

セキュリティの意識は人それぞれで違うが、普段から携帯して外に持ち歩くガジェットに重要な情報を格納している場合は対策を講じるべきだと思う。

利便性と安全性はアンビバレンスな関係にあり、セキュリティを上げれば当然利便性は損なわれる。便利さと引き替えに出来る情報がどのレベルなのかは個人の判断次第だ。

会社でiPod touchを机上に置いたまま離席する場合があるので、1Passwordのようなセキュリティ対策は精神衛生上も金銭上からも重視していく。

ちなみに、iPod touchのログインも10回間違えると全データを消去するように設定済み。

1Password :1Password
1Password Pro :1Password Pro

|

« 数独 | トップページ | 今日のアマゾンお値打ち品?(2010/03/14) »

iPod touch」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/579837/53064859

この記事へのトラックバック一覧です: 1Password for iPhone/iPod touch:

« 数独 | トップページ | 今日のアマゾンお値打ち品?(2010/03/14) »