« 初恋 | トップページ | テンプレートの変更 »

2010年3月28日 (日)

PCの修理

PCの電源が壊れた。

起動時に一瞬LEDが点灯するものの、すぐに消えてしまうことから恐らくコンデンサが壊れて起動時の電流を供給出来なくなったのだろう。

一昨日仕事帰りに寄り道して400Wの電源(3,000円)を購入。
CPUは3年以上前のCore2Duo E6600だし、内蔵ディスクも2台なのでこれで十分。

ついでに2年前に壊れたままのGeForce7600GTを取り替えることにした。3Dゲームをやらないのでオンボードでも特に別に構わなかったのだが、せっかく3年振りに蓋を開けるのだからついでだ。
このグラフィックボードは、表示は出来るのだが色がメチャクチャになっているため、メモリが壊れた模様。

性能的には現時点ではRadeonに軍配が上がるが、OSはこれまでと同様XPのまま入れ替える気はないし、以前(ATIの頃)、Catarystには痛い目にあったので、とりあえず現在のシステムに影響がないであろうnVidiaチップを選択することにした。

クーラーが嫌いなので、夏場でも安定する程度の低発熱量と補助電源無し(低消費電力)を絶対条件に、あとはCPUとのバランスを考えてGT 220を選択した。

色々な評判はあるようだが、これで十分。値段的にもこのところ落ちてきているようで、かなり安く(GDDR3で6,000円)購入出来た。

ドライバはつい先日リリースされた197.13で安定している。
3DMark06を走らせてみたところ7,000弱のスコアだが、これまでの7600GTは4,000前後だったので気にならない。
ファンも通常はかなり回転が抑えられているようで、今までと比べても静かになっている。
3DMark06を走らせてもGPUの温度は60度前後で、ファンの速度は50%前後。通常は40度前後で、ファンの速度も25%。

PCのOSをNT4から2000にしたのはiPodを買ったからだし、XPにしたのはiTunesがXPでしか動かなくなったからだ。
恐らく次にOSを上げるきっかけもiPod絡みになるだろう。

GALAXY GF PGT220/512D3 HDMI 40nmプロセス GeForce GT 220搭載グラボ

|

« 初恋 | トップページ | テンプレートの変更 »

Windows」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/579837/53064869

この記事へのトラックバック一覧です: PCの修理:

« 初恋 | トップページ | テンプレートの変更 »