« 光ポータブル(PWR-100D) | トップページ | 大人買い »

2010年8月 8日 (日)

PWR-100DとAOSS

PWR-100D(DWR-PG)でAOSSを使うと、無線設定で設定したSSIDがAOSS用に置き換えられてしまうため、それまで接続していた子機はそのままの設定では接続出来ない。

改めて接続を設定し直す必要がある。その際の暗号モードはAOSSで接続した機器に依存するため、DSと接続した場合はWEPになる。
また、KEYも変更されているので有線LAN側から設定画面にログインするか(事前にアクセス可能なように設定しておくこと)、AOSSで接続した機器から設定画面にログインして確認する。どちらも不可の場合は、初期化スイッチを押下して設定を初期化(裏蓋を開けて、バッテリ横の初期化ボタンを長押し)することになる。

AOSSを使用するとMACアドレス制限が出来なくなる。

iPod touchやMacBookでの接続を前提とするのと、MACアドレス制御を使用したいのでAOSSはオフにした。
一度AOSSで接続すると設定が残っているが、AOSSの設定画面から[AOSS削除]ボタンをクリックすると削除出来る。
Aoss32stop

以上のように面倒なので、いつでも戻せるように設定内奥を[管理設定]-[保存/復元]からダウンロードしてパソコンに保存しておく。

BUFFALO ポータブルWiFiルーター Portable Wi-Fi DWR-PGamazon.co.jp

日本通信 bモバイルSIM U300 6ヶ月(185日)使い放題パッケージ BM-U300-6MS

日本通信 bモバイルSIM U300 1年(375日)使い放題パッケージ BM-U300-12MS

 

|

« 光ポータブル(PWR-100D) | トップページ | 大人買い »

モバイルルータ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/579837/53064888

この記事へのトラックバック一覧です: PWR-100DとAOSS:

« 光ポータブル(PWR-100D) | トップページ | 大人買い »