« AtermWM3500RとPWR-100 | トップページ | Mac App Store »

2010年12月31日 (金)

Macを大掃除

最近Safariの起動に時間が掛かるようになったのと使わないアプリケーションが多くなってきたことからMacBookを大掃除した。
(MacBook Airと環境を合わせる意味もある)

綺麗にすることが目的のためTimeMachineを使った復元ではなく、クリーンインストールを行った。

インストールに先立って以下のフォルダをバックアップ。
・ユーザ配下(Desktop, Documents, 等々全て)
 ただしiTunesはPogoplugと同期をとっているので割愛。
・Applicationsフォルダ
・ルートのLibraryフォルダ内のApplication SupportフォルダとPreferencesフォルダ
・ATOKのバックアップツールを使ったATOK環境

ログイン時起動のアプリケーションを忘れないようにすくリーションショットを取得。
また、システム環境設定に追加する項目も漏れが無いようにシステム環境設定のスクリーンショットを取得。

Snow LeopardのインストールDVDで起動してディスクユーティリティからHDDをフォーマット。
次にOSのインストールだがカスタマイズで不要な言語とフォントを削除し、代わりにRosettaとQuicktime7を追加してインストール。

ApplicationインストールDVDからアプリケーションをインストール。

iWorkインストールDVDからiWorkをインストール。

ソフトウェアアップデートを実行。

次にxcodeをインストール(xcodeはOSのバージョンアップを行った後にインストール)

この時点でiDefragでデフラグを実行。

OnyxでFinderをはじめとして各種カスタマイズを実行、またiTunesのLocalizable.stringsで9200のジャンルを日本語から英語に修正。

次にインストールを必要としないアプリケーションを待避先からコピー。

最初にDropboxを起動しておく(1PasswordのキーをDropboxに保存してMacBook=MacBookAir=Windows間で同期をとっているため)

コピーしたアプリケーションを順次起動し、1Passwordを使ってシリアルナンバーを登録。
アプリケーション内にデータを持っている場合は、ユーザフォルダ配下のLibraryとルート配下のLibraryの中のApplication SupportまたはPreferencesから必要なファイル・フォルダをコピー。
(基本的に各種設定も綺麗にやり直すために今回はデータを含むもののみを対象とした)

また、Mail.appとiCal.appのデータをそれぞれ退避したユーザ配下のLibraryから復元。
Mail.app: Preferences配下のcom.apple.mail.plistとLibrary直下のMailフォルダ。
iCal.app Preferences配下のcom.apple.iCal.plistとLibrary直下のCalendersフォルダ。ただし、新しい環境にすでにCalendersフォルダがある場合は既存のフォルダをゴミ箱に入れてからコピーし、Macを再起動すること(Calender.Cacheがデータをつかんでいるために新しいデータが反映されない)
※ただしキーチェーンに保存しているアカウントのパスワードはコピーされないので、後ほど.appを起動してパスワードを設定。

iPod Touchのバックアップ情報はユーザのApplication Support配下にあるMobileSyncフォルダをコピー。

Safariのブックマークはユーザ配下のLibraryフォルダにあるSafariフォルダ内からBookmarks.plistをコピーして復元。
各サイトのアカウント・パスワードは全て1Passwordに登録しているので設定不要。

次にインストーラを使用する各種アプリケーションとシステム環境設定のPreferencePanesをインストール(Libraryからコピーしても良いと思う)

最後にDesktop, Documents, Downloads, Movies, Music, Picturesの各データをコピー(iTunesのライブラリのコピーに2時間以上掛かった)。
サイズの小さいものなどSugarSyncやDropboxに保存しているデータをシンクロ。最近日常的に使用しているデータはSugarSyncかDropboxのいずれかに保存しているが、今回のような状況でも便利さを実感。
(ローカルのみに置いているデータはiTunesのライブラリとParallelsのデータなどオンラインストーレジに保存しきれないサイズものばかりになってきた)

500GB分の容量の大掃除に要した時間は約5時間程度だが、半分以上はiTunesフォルダのコピーとソフトウェアアップデートを含むOS関連のインストール。

退避したデータは念のために3ヶ月ほど保存する。


 

|

« AtermWM3500RとPWR-100 | トップページ | Mac App Store »

Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/579837/53064950

この記事へのトラックバック一覧です: Macを大掃除:

« AtermWM3500RとPWR-100 | トップページ | Mac App Store »