« MacBook Air(Late 2010)ソフトウェア・アップデート 2.0 | トップページ | Aterm WR8700Nのファーム1.0.13 »

2011年1月30日 (日)

MacBook Airにシール

MacBookの天板のアップルマークは液晶のバックライトを利用して光るが、それを利用したデカールがある。

Il_fullxfull198257498

こちらで色々なものを800円程度から販売している。

上記のサイトから購入しても良いのだが、他人と同じものは何となく気が進まないのとMBAに対応したサイズのものがあまり無いことから、自分で作ってみることにした。

方法は簡単で市販のインクジェット対応のラベルシールに図案を印刷するだけだ。

手軽に入手出来るラベルシールはA4サイズだがMBAのサイズはA4より横がほんの数mmだけ広く、全面に貼ることが出来ない。
全面に貼れれば保護フィルム代わりにも出来るのだが、仕方がないので印刷したものを切り取ることにした。

選んだシールは表面の質感を損なわないように透明でツヤ消しのものにした。

あらかじめPhotoshopでほぼ同サイズのテンプレートを作り、そこにサイズがほぼ合うように調整したレイヤーを印刷した。
こうすれば出来上がりもイメージ出来る。
※テンプレートは「ほぼ」同サイズだがアップルロゴの形状が微妙に異なるので注意。

インクジェットの仕組み上、白は印刷出来ないので(白いラベルシールを切り取れば出来るのだが、ちょっと面倒なのでパス)黒で印刷した。もちろんカラーも印刷出来るが、デザイン上モノトーンの方が似合うような気がする。

丁寧に切り取るのであればデザインカッターを使えばいいが、ツヤ消しであまり境目が目立たないだろうと思ってハサミでチョキチョキ。なんとなく工作の時間的な雰囲気があり、気づけば「でっきるっかな♪」と口ずさんでいた

シールは何枚も入っているので気に入らなければやり直せばいいし、全面の覆うような図柄でなければ1枚のシールに複数の図柄をずらして印刷すればシールが無駄にならない。

どんな図案がいいか悩む時間も楽しいし、出来上がりもそこそこで休みの日のちょっとした暇つぶしにはちょうどいい。


 

|

« MacBook Air(Late 2010)ソフトウェア・アップデート 2.0 | トップページ | Aterm WR8700Nのファーム1.0.13 »

Mac」カテゴリの記事

MacBook Air」カテゴリの記事

Photoshop」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/579837/53064957

この記事へのトラックバック一覧です: MacBook Airにシール:

« MacBook Air(Late 2010)ソフトウェア・アップデート 2.0 | トップページ | Aterm WR8700Nのファーム1.0.13 »