« MacBook AirからiLifeをアンインストール | トップページ | 停電に備えて »

2011年3月13日 (日)

今、出来ること

Twitterやメールで様々な情報が流れている。
ただ、情報については必ずソースを確認すること。Twitterやメールが読めるのであれば、ソースを探すことも出来るはずだ。
発生初日には「○○で人が助けを求めている」というのが拡散希望としてTwitterに多く流れていたが、バカを言えである。住所が分かっているならTwitterでつぶく前に救急に連絡する。そんなことは考えなくても分かることだ。
また、火災のデマもしかりだ。少なくとも安全な場所にいる以上は、しっかりと情報を見極めること。大事な情報かそうでないのか、嘘か真か。

間違った情報は混乱を招き、場合によっては人の命を、助かるはずの命を奪いかねない。


13日時点ではボランティアや物資について一般が行うことは何も無い。むしろ混乱している現場に迷惑をかけてしまいかねない。
こちらが送れるものと現地が求めているものが一致するわけではないし、保管場所の問題もある。
これらについてはいずれ段階的に案内がされてくるはずだ。

当面、出来ることとしては2つ。
1つは献血
もう一つは募金。

ココログを運用している@niftyでも募金を開始している。その他にもネット上の募金先として募金情報まとめサイトも作られている。

海外でも様々な支援が動き始めている。
各国政府機関はもちろん、民間でもAmazon.comU.S.のiTunes Store(など国際赤十字を経由して募金を募っている。

現地への連絡も差し控える。現地にいる家族・友人等が心配なのは当然だが、8割〜9割規制がかかっている状態では繋がらないし、現地も混乱している中で安否の連絡が何度もきても大変だろう。
無事であることを信じて、無事である連絡がいつか来ることを信じて待つ。
そして現地から助けを求められたら、求められたことを迅速に行う。
現時点ではこれがベストだと思う。

 

|

« MacBook AirからiLifeをアンインストール | トップページ | 停電に備えて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/579837/53064971

この記事へのトラックバック一覧です: 今、出来ること:

« MacBook AirからiLifeをアンインストール | トップページ | 停電に備えて »