« Pogoplugのクライアントソフトがメジャーバージョンアップ | トップページ | MacBook Airに外付けDVDドライブ »

2011年4月16日 (土)

Acer Aspire 532hのメモリ交換

MacBookのメモリ交換で余ったSODIMM(2GBモジュール)を、PWR-100用の回線契約時に無料でもらったAcerのネットブックAO532hと交換した。

元々532hのサポートしているメモリは667MHzのPC2-5300までだ。
MacBookで余ったメモリは800MHzのPC2-6400だが下位互換のため、PC2-5300規格にも挿すことが出来る。実際、532hに挿さっていたメモリもSamsungのPC2-6400の1GBモジュールだった(恐らく調達コストの都合だろう)。
ただし、動作速度は上記のとおり667MHzとなる。

作業の前にBIOSを1.21から最新の1.25にバージョンアップ。
念のためにAC電源はもちろんバッテリも外して作業開始。

裏返すと大きな蓋と小さな蓋がある。大きい方はHDD、小さい方がメモリモジュールとなっている。
小さい方はネジが1本だけなのでこれをプラスドライバーで外す。
下の方(バッテリ側を上として)にマイナスドライバーを差し込める程度の切り込みがあるので、そこにマイナスドライバーを差し込んで力任せに取り外す(ただし、爪が壊れないように慎重に)。

その際にシールが破れてしまうが、このシールが破れた状態では保証の対象外となるので、覚悟を決めること。

蓋を外すとメモリモジュールが現れる。両側の爪を外側に開くと浮き上がるので、取り外して交換する。

あとは蓋を閉じるだけ。
無事、2GBで動作している。

ネットブックのためメモリースロットが1つしか装備しておらず、もう1枚余っている2GBモジュールと532hから取り外した1GBの再転用先を模索中。


 

|

« Pogoplugのクライアントソフトがメジャーバージョンアップ | トップページ | MacBook Airに外付けDVDドライブ »

Windows」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/579837/53064987

この記事へのトラックバック一覧です: Acer Aspire 532hのメモリ交換:

« Pogoplugのクライアントソフトがメジャーバージョンアップ | トップページ | MacBook Airに外付けDVDドライブ »