« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月27日 (水)

ソニーの情報流出

SONYのPlayStation Networkで顧客情報の流出があった。

様々なインターネットのサービスで顧客情報の流出は頻繁にある(あってはならないことだが、作業ミスやセキュリティホールから発生してしまう)が、今回問題なのはパスワードが流出したことだ。
ソニーのお詫び文書では流出したアカウントとパスワードで不正ログインの可能性があるとされている。
PlayStation®Network/Qriocity™をご利用の皆様へのお詫びとお願い

お詫び文書の内容を読むと「やって当たり前」の基本的なデータセキュリティ対策を「ほとんどやっていなかった」としか読み取れない。

通常、パスワードはハッシュ化して保存しているのが当たり前となっている。ハッシュ化された時点でサイトの管理者でもパスワードを突き止めることはほぼ出来ないはずだ。だから、流出によって不正ログインされることもほとんど無い。にも関わらず今回不正ログインが行われる可能性を示唆しているということは、パスワードをハッシュ化せず平文(もしくは単純暗号)の状態で格納していた可能性があるということだ。
この時点でソニーの情報管理がお粗末極まりないということになる。
[追記]後ほど、平文ではなくハッシュ化していたとソニーから訂正があった。

さらにクレジットカード番号や有効期限が流出した可能性を否定できないということは、クレジットカード情報を隔離せずにユーザ情報と同一の領域に格納し、さらにアクセスログを別領域に取得していなかった可能性もあるということだ。
ともすればもはや論外である。

さらに、流出したのが17日~19日だが、公表されたのは27日と10日程度経過してしまっている。
不正ログインを行うには十分な時間だ。
危険性を周知するのに、これだけの時間を費やしているということは、利用者の情報流出を問題として捉えていなかったとしか思えない。

分かりやすく言えば、「預かった他人のキャッシュカードとクレジットカードと免許証と暗証番号を書いた紙を同じところに置き、誰も見張っていなかった」ということになる。
しかも「もしかしたらこの10日間に誰かが引き落としたり、使ったりしたかもしれない」ということだ。

ハードベンダーとしてのソニーは好きだったが、ソニーのソフトウェアはレベルが低い。SonicStageから始まる音楽管理ソフトの出来の悪さと、VAIOに搭載されている自社ソフトの出来の悪さに辟易してソニー製を買わなくなっていたが、ここまでひどいとは…。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月20日 (水)

MacBookの選び方 (Early 2011)

最近、MacBookを購入したいのだけれど何がいい?と聞かれることが多くなった。
ラインナップ自体はシンプルで、持ち運びたい人はMacBook Air、初めての人はMacBook、それ以外はMacBook Proというのがアップルの方針だろう。
とは言うものの13インチはMacBook Air、MacBook、MacBook Proの3モデルに存在するなど迷うのも確かなのでYES-NOチャートを作ってみた。
Chart
徒歩や電車など頻繁に持ち運ぶ場合はMacBook Airの一択。
PhotoshopやNumbers・Excelなどの画面領域が大きい方が圧倒的に便利なアプリを使う場合は大きな画面というのをチャートの基本とした。

値段はメモリを4GBにした場合で揃えている。MacBook Pro以外はデフォルト2GBだが、これは4GBに増設することを強く勧めている。使ってみれば違いは一目瞭然だからだ。

MacBook Airの場合は光学ドライブ(純正で6,000円)を必要に応じて検討すれば良い。

逆にCPUのカスタマイズは否定派だ。確かに速くはなるが、そんなものにはすぐ慣れる。ビデオエンコードを行う場合にはCPUの強化が推奨されているが、例えば1時間40分(100分)掛かる処理が10%高速になって1時間30分になっても大して変わらない。10分という数値は大きいが、エンコードしている間の1時間以上もずっとパソコンの前で待つ人間なんていないからだ。エンコードの間に他のことをしていれば問題ないし、下位のCPUでも別に処理を遅くは感じない。遅く感じている場合はCPUを強化してもやはり遅く感じるだろう。どちらかと言えばディスクやメモリの方が処理のボトルネックとなるし、この点を強化する方がコストパフォーマンスは圧倒的に良い。
どうしてもCPUが速くなければ嫌だという場合は、MacBookシリーズではなくMac Proを買えばいい。

もし予算に余裕があるのであればCPUをアップするよりもソフトウェアを購入(iWorkはもちろん、Officeも買える)した方が出来ることが増えて、よりMacを活用することが出来る。
MacBook Proの場合はメモリを8GBにするのでも良いだろう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月17日 (日)

MacBook Airに外付けDVDドライブ

AmazonでバッファローのUSBの外付けDVDドライブが安かったので購入。
採用ドライブはOptiarc DVD RW AD-7585Hで、SONY系列のドライブだった。

対応OSはWindowsのみだが、MacBook Airで利用出来た。
DVDの再生しか試していないが動作速度は静かな方だと思う。

USBケーブルは2本入っていて1本は二股で給電可能なタイプだが、MacBook Airは左右にUSBポートが分かれているため使用不可。
シングルのものでも読み込みは問題ないが、書き込み時には若干不安が残る。

Apple純正のドライブでも6,800円とそれほど高くないが、めったに使うものではないので安いに越したことはない。

もう1台、やはり光学ドライブを搭載していないThinkPadを使っているのと、デスクトップのWindowsPCに搭載しているドライブは読み取り専用(その代わりリージョンフリー)なので、これ1台で3台のパソコンで使い回すことにする。

[追記]
友人が購入したらドライブはTSSTcorp CDDVDW TS-L633Cで、東芝・サムソン製とのこと。
安くてシンプルな製品だけにロットによって採用しているドライブが異なるのだろう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月16日 (土)

Acer Aspire 532hのメモリ交換

MacBookのメモリ交換で余ったSODIMM(2GBモジュール)を、PWR-100用の回線契約時に無料でもらったAcerのネットブックAO532hと交換した。

元々532hのサポートしているメモリは667MHzのPC2-5300までだ。
MacBookで余ったメモリは800MHzのPC2-6400だが下位互換のため、PC2-5300規格にも挿すことが出来る。実際、532hに挿さっていたメモリもSamsungのPC2-6400の1GBモジュールだった(恐らく調達コストの都合だろう)。
ただし、動作速度は上記のとおり667MHzとなる。

作業の前にBIOSを1.21から最新の1.25にバージョンアップ。
念のためにAC電源はもちろんバッテリも外して作業開始。

裏返すと大きな蓋と小さな蓋がある。大きい方はHDD、小さい方がメモリモジュールとなっている。
小さい方はネジが1本だけなのでこれをプラスドライバーで外す。
下の方(バッテリ側を上として)にマイナスドライバーを差し込める程度の切り込みがあるので、そこにマイナスドライバーを差し込んで力任せに取り外す(ただし、爪が壊れないように慎重に)。

その際にシールが破れてしまうが、このシールが破れた状態では保証の対象外となるので、覚悟を決めること。

蓋を外すとメモリモジュールが現れる。両側の爪を外側に開くと浮き上がるので、取り外して交換する。

あとは蓋を閉じるだけ。
無事、2GBで動作している。

ネットブックのためメモリースロットが1つしか装備しておらず、もう1枚余っている2GBモジュールと532hから取り外した1GBの再転用先を模索中。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月13日 (水)

Pogoplugのクライアントソフトがメジャーバージョンアップ

フォーラムで先行公開されていたPogoplugのクライアントソフトが、予告どおり2.5.5から3.0.1にバージョンアップされた。
※本体のファームウェアは2.5.7のまま。

従来のクライアントソフトは単体のアプリケーションだったが今回のバージョンではインストールパッケージの形態となり、インストールするとシステム環境設定に追加される(Windowsの場合はコントロールパネル)と同時に、アプリケーションフォルダにPogoplugというフォルダが作成されてその配下にセットアップウィザードアプリと本体アプリが格納されるようになった。
注意しなければならないのはMacFUSEが自動的に削除されることだ。MacFUSEはParallelsでも使っていて決してPogoplugだけのものではないので、余計なお世話である。

Mac版ではこれまでMacFUSE経由でアクセスしていたため32ビット環境でしか使用出来なかったが、今回のバージョンからはMacFUSEを使用しなくなったため64ビットカーネルで起動していても利用できるようになった。

また、Pogoplugに接続しているHDD以外に、クライアントソフトがインストールされているMac上のローカルフォルダに対してもiOSアプリ版のPogoplug(現在のバージョンは4.1)とWebからアクセスできるようになっている(何故かPogoplugドライブ内からはアクセス出来ない)。
Ios    Web    Pogodrv
※WindowsのPogoplugドライブからは見ることが出来るが、日本語は文字化けする。
Win

家のMacやPCが起動していることが条件となるが、基本的に家にある全てのデータに対して外出先からアクセスできることになった。

インストール後のセットアップウィザードはデフォルトで以下の設定となっている。
Setup

また、システム環境設定から追加したり、リモートアクセス機能をオフにすることも出来る。
Prefs

今回から$29の有償オプションが追加されている。
このオプションを購入すると動画や音楽のストリーミングサービスが利用できるようになるらしい。
セットアップウィザードでもコードを入れる欄があるが無視して大丈夫。後から購入してシステム環境設定から入力することも可能。

追記
Pogoplugの機器を購入しなくてもソフトウェアをインストールしてアカウントを新規登録すれば、ローカルコンピュータの共有機能は使用出来る。
セットアップウィザードで「I am new to Pogoplug」でアカウントを作成出来る。
機器を購入前にソフトウェアをインストールして使い勝手を試すのもいいかもしれない。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 9日 (土)

Macのスリープモードを変更

メモリを8GBに増設したことによる唯一のデメリット?は、ディープスリープ(Windowsで言うところの休止状態で、メモリの内容を全てハードディスクに記録してほぼ完全に電源を落とした状態)用のイメージファイルも8GBとなりHDDの空き容量が減ることだ。

MacBookを外に持ち出すことがなくなり、AC電源が供給されないのは自宅内で移動して一時的に作業するときと停電の場合のみとなった。

停電の場合はともかくそれ以外の場合にはディープスリープの状態になる必要が全くなくなったので、ディープスリープに移行しないように設定してイメージファイルを削除し、ディスクの空き容量を増やすことにした。

ターミナルを起動してpmset -gを投入して現在の状況を確認する。
このとき表示される項目のうち、hibernatemodeが3となっているとセーフスリープと言って当面は通常のスリープ状態(Windowsで言うところのスタンバイ)でバッテリが少なくなるとディープスリープに移行するモードということになる。
この値を
sudo pmset -a hibernatemode 0
というコマンドを投入することでディープスリープに移行しないように設定出来る。
元に戻すときは、hibernatemodeを3で設定する。
hibernatemode を1に設定すればスリープの際は常にディープスリープとなる。

その後、sudo rm /var/vm/sleepimage
とコマンドを投入してsleepimageファイルを削除する。
これで8GBのファイル空き領域が増えたことになる。

万が一停電になった場合、バッテリが枯渇するまでに電源が回復しないと作業中の情報が全て消えることになるが、その時はそのとき。恐らく10時間以上は通常スリープ状態を維持出来ると思うので、その間に手動でシステム終了すれば良いし、10時間以上の長時間停電が発生してなおかつ家にも帰れない状態となれば尋常ではないので諦めれば良い(そんな状況では自分自身もタダでは済んでいないかもしれないし)。

MacBook Airは逆に持ち運び中心なので設定は変更しない、というよりもディープスリープに移行してもらわないといざ使おうとした時にバッテリが枯渇して使えなくなってしまう(ディスク容量的にはMBAの方がsleepimageファイルの影響が大きいが仕方がない)。


まとめ -MacOSのスリープモード-
通常スリープ(hibernatemode 0):スタンバイ状態でメモリデータの退避は行わない。すぐに復帰出来る反面、バッテリ枯渇時には作業状態が全て消去される。

ディープスリープ(hibernatemode 1):休止状態でメモリデータの退避を行う。復帰に時間が掛かる反面、バッテリが枯渇しても作業状態は保持されている。

セーフスリープ(hibernatemode 3):バッテリ容量が十分あるうちはスタンバイ状態、バッテリの消耗が進むとディープスリープへ移行する。バッテリが十分にあるうちはすぐに復帰出来るし、なおかつ万が一の場合にも作業状態を失わない。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Hands Off!のバグ

MacUpdate PromoのSpring Bundle 2011にも含まれていたHands Off!だが、日本語環境だと設定画面に何も表示されないバグがある(現在のバージョンは1.2.2)。

MacBook、MacBook Airの両方で同じ事象になっている。
システム環境設定の「言語とテキスト」で言語タブでEnglishを上に持ってくると正常に表示される。
現時点では後から設定を変えることが無いので特に問題になってはいないが、今後使っていくにあたって都度言語を切り替えるのは面倒なので、開発元にはメールで問い合わせ中。

[追記]
バグの発生内容は以下のとおり。
アプリケーションのパスに2バイト文字(日本語)が含まれている場合、Hands Off!のルールで感嘆符アイコンとなり、テキストも赤字となる。
対応として、まずアプリケーションの格納パスに日本語を使用しないように変更する。
次に、「言語とテキスト」でEnglishを先頭にしてログオフ・ログオン。
Hands Off!のルールを開いて、感嘆符のアイコンをクリックしてアプリケーションを指定し直す。
修正できない場合はルールを削除。
その後、「言語とテキスト」で日本語を先頭に持ってきて、ログオフ・ログオンする。
以降、パスに日本語を含んでいるアプリケーションを起動しないように注意すること。

この内容で再度開発元に報告。

[追記]
開発元とやり取りを行い、1.2.4ベースの非公開版で修正されていることが確認出来た。1.2.5かその次のバージョンで正式に修正されると思われる。

[追記]
1.3で正式リリースされた。

Hands Off!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MacBook (Mid 2009)のメモリを8GBに換装

Safariでタブを多量に開いたりしていると4GBのメモリをほぼ使い果たしてしまうし、Photoshopを起動するとメモリが不足がちになるので、メモリを8GBへ換装することにした。
カタログスペック上では4GBとなっているが搭載しているチップセットは8GBまでサポートしている。

使用しているタイプはPC2-6400というDDR2(チップセットはDDR3にも対応しているがMacBookではDDR2となっている)のSODIMM。
市場がDDR3へ移行しており今後はDDR2が徐々に値上がりすることも想定されるし、心的な減価償却が済むぐらいの利用期間を考えると今がチャンスだと考えた。

今回はHynixのバルク製品で4GBを2枚購入。換装してみたところ元々出荷時にMacBookに挿されていたのもHynixの同タイプで容量が違うものだったので、相性問題も特に発生しないと思われる。

換装自体は5分で完了。

起動後のメモリ使用状況は下記のとおり。
8gb
起動項目にiTunesを設定しているため、起動した時点でほぼ2GBのメモリを使用してしまっているが、8GB化によってかなり余裕が出来ている。
もちろん動作も安定している。TechToolでのメモリチェックも8GBを認識して、全てのチェックをパスした。

MacBookはカーネルが32bitモードでしか起動出来ないが、Windowsとは異なりメモリは8GBを認識し、アプリケーションも問題無く動作する。
8gb2

アプリケーションがメモリ不足によって引っかかるような感じも全く無くなって、快適。

メモリに余裕が出来たのでParallelsのVMへの割り当てを2GBにした。パフォーマンス評価は次のとおり。
Parallels
前回測定時(出荷時構成)からはHDDとメモリを換装したことになる。
出荷時構成時の値は
 CPU:5.5
 メモリ:4.5
 グラフィックス:4.4
 ゲーム用グラフィックス:3.7
 プライマリハードディスク:6.2
だったからメモリが大幅に伸びていることになる。またメモリを使用するグラフィック周りも数値が上がっている。もちろんベンチマークの数値が必ずしも快適さに繋がるわけではないが(MacBookAirがいい例)。

余った2GBのメモリモジュールは、ネットブックに転用する予定。こちらも1GBが制限となっているが、BIOSをアップデートすることで2GBまで使用出来るようだ。ただ、MacBook Airがあるためネットブックは未だに箱に入ったままなので、まずは開封してからになる。換装後のネットブックは自分では使わず家族用になる見込み。

[HYNIX ORIGINAL] SODIMM DDR2 PC2-6400 4GB (800)

[HYNIX ORIGINAL] SODIMM DDR2 PC2-6400 4GB (800)
価格:7,260円(税込、送料別)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 5日 (火)

エネループ KBC-L2BSのアマゾン在庫状況

2011/4/5 13時現在、送料別となるがAmazonに5,000円を切る価格で在庫が出ていた。


標準ではiPod/iPhone向けのケーブルが付いてこないので、iPod/iPhoneユーザはこちらの方が得。Amazon発送だから送料無料でケーブル付き(レビューは不評だが)。

震災前から品薄だった製品だが、一時的に入荷したのかも。


 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年4月 4日 (月)

責任というもの

東電社員の自社をかばうブログが話題となっている。

地震が起きたのは東電のせいじゃない。津波が起きたのも東電のせいではない。
しかし、放射能物質を流出させたのもの計画停電となる事態を引き起こしたのも、それは東電の責任である。

社会というものは責任を規範としてなりたっている。

特にライフラインがその役目を果たせなくなったときには100%責任が生じるのは当たり前のことだ。
そして、責任がある以上は例えどれほど言いたいことがあっても言ってはならない。
それは責任を放棄しているのと同義だ。

例えば自動車のエンジン制御に使っているコンピュータチップをチップベンダーが自動車メーカーに提供したとする。
そのコンピュータチップが落雷で異常動作を起こして自動車が事故を起こしたら、社会に対して責任を取るのはチップベンダーではなく自動車メーカーだ。決して雷のせいでもチップベンダーのせいでもない。
先日のみずほ銀行のトラブルにしても、実際に作業でミスを行ったのはみずほ銀行の行員ではない…かもしれない。しかし、社会に対して責任を負ったのはみずほ銀行だ。
責任社会はそうして成り立っている。

言いたいことがあっても、自分の胸の内、せいぜい社内で言う分には構わない。
しかし、それを声高々に口にしてはいけない。

現場の最前線は大変だろう。
しかし、がんばっているからというのは言い訳に過ぎない。
仕事は、特にそれが人の命や日本全体の経済に影響を及ぼす以上は結果が全てであることを認識しなければならない。

地震が起きた、津波も起きた、しかし原発は無事だったというのであれば、社会は東電に敬意を表したに違いない。

しかし結果的に、それは失敗した。
何が失敗したのかはまだ分からない。もしかしたら1時間早くアクションを起こしていたら今ほど重大インシデントにならなかったかもしれない。もしかしたら何をやっても結局は失敗したかもしれない。

いずれにせよ、現段階で東京電力は失敗したのだ。ライフラインの安定供給という本来の役目を果たせない上に、周辺住民の避難や世界中を不安にさせているのだから、100%の責任は東京電力にある。

トップの姿勢で会社が評価されるのも社会の基本だ。
その意味で言えば、東京電力は責任から逃げたのだ。

だから、今の東京電力の社員に言い訳を言う資格は一切ない。

まずは現状を少しでも良い方向へ導くこと、そして計画停電に先立ってしっかりとした説明責任を果たし、社会に対する責任の取り方を明確にして、それを社会に受け入れてもらうこと。
何かを言うのであれば、それからだ。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »