« ソニーの情報流出 | トップページ | Mid 2011のiMacはHDDの交換が不可能 »

2011年5月 8日 (日)

DVDからiTunesへデジタルコピー

DVDからiTunesへのデジタルコピーをしてみた。
映画は先日発売されたばかりのアンストッパブル。デンゼル・ワシントンは好きな俳優だし評判も良いので興味はあったからiTunes Storeで購入しようか考えていたところ、ブルーレイ&DVDセットでiTunesへのデジタルコピーが可能ということが分かったので試してみたくて購入した(Blu-ray版には含まれていない)。
これまでWindowsや携帯へのデジタルコピーはあったが、iTunesへのデジタルコピーに対応したものは初めてみた。恐らくiTunes Storeでレンタルしているものが対象となるのだろうが、これから増えてくるかもしれない。

転送方法は簡単で、iTunesを起動してDVDを挿入するとデバイスにDVDが表示される。
あとはDVDに付属しているコードを入力してiTunes Storeにログインするだけだ。認証のためにiTunes Storeにログインする必要があるため、予めiTunes Storeのアカウントが必要となる。
Digitalcopy1

認証が終わるとコピーが始まる。表示はダウンロードとなっているが実態はDVDからのコピーだ。
コピーされたファイルのサイズは1.53GBとなっている。iTunes Storeで同じ映画が販売されているがこちらは1.43GBとなっている。同じ映画を別々にエンコードするとは思えないので、Macは1GB=1,000MBで計算されているのに対して、iTunes Storeでは1GB=1,024MBで計算されているからだろう。
ビットレートは1.5Mbpsで、画質もそこそこだ。
Digitalcopy2Digitalcopy3

残念だったのは映画が日本語吹き替え版のみであったこと。iPod/iPhoneで再生することを考えるとメーカーとしては読みづらい字幕版ではなく吹き替え版にするのは分かるのだが、個人的には字幕版の方が良かった。なお、iTunes Storeでも日本語吹き替え版しか販売していないことからも、やはりデータは同じものなのだろう。

映画の内容は評判どおりで、最後もお約束のエンディングになっているので深く考えずに単純に楽しめた。

iTunes Storeでレンタルアンストッパブル (日本語吹替版)


 

|

« ソニーの情報流出 | トップページ | Mid 2011のiMacはHDDの交換が不可能 »

iTunes」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/579837/53064991

この記事へのトラックバック一覧です: DVDからiTunesへデジタルコピー:

« ソニーの情報流出 | トップページ | Mid 2011のiMacはHDDの交換が不可能 »