« iPod touchの強制リセット(復元) | トップページ | iTunes 10.3 »

2011年5月30日 (月)

iOS4.3.3にアップデートしてみたところ

iOS4.3.3の主な修正内容は「一データベースキャッシュ」への変更と「iPodの曲の並べ替え」で、普段iPod touchを使っていて気になるところではなかったのでアップデートしなくても良かったのだが、ふと気まぐれでアップデートしたところ起動しなくなってしまい強制復元を掛けたのは前の記事のとおりだが、意外なところでiPod touchの不具合が直った。

今使っているiPod touch 4Gで3つの不具合が出ていた。
1つ目は復元をするとフォルダがバラバラになってしまう件。touchには700近いアプリケーションを入れているのだが(使ってないものも消していないだけ)、復元を行うとフォルダに入れていたアプリの多くがフォルダの外に出てしまい、11画面内に収まりきらなくなってしまっていた。そのため復元後にはいつもフォルダへの再格納をする羽目になっていた。
2つ目はアイコンの長押しでアイコンの移動やフォルダへの格納が可能になるが、長押ししてからアイコンがグラグラ揺れるようになるまで時間が掛かってしまうようになっていた。ホームボタンを押すことで戻るがそれも同様に時間が掛かっていた。
3つ目は「設定」アプリを起動するとアイコンの移動と同様に画面に表示されるまで時間が掛かるようになっていた。
いずれの事象もGenius Barで相談したところ原因不明で直らないということだった。

今回iOS4.3.3にアップデートしたところ、1つ目のアイコンの配置がバラバラになる事象が直っていた。強制復元をする際に躊躇したのはまたアイコンの並びを1から行うのが非常に面倒だということだった。結局何をやっても戻らないので覚悟を決めて復元をしたところ、アイコンの配置はアップデート前のバックアップの状態を維持していた。

2つ目については若干短くなったかもしれないという気はするが、やはりグラグラ揺れるようになるまで5秒程度、ホームボタンを押してからアイコンが固定されるまで10秒程度を要している。
3つ目の「設定」アプリについても多少起動が早くなった気がするものの、やはり5秒程度を要している。

ただ、今回1つ目の事象が解消された理由が発表されていないバグ修正なのか、それとも強制復元による影響なのかはわからないが。

 

|

« iPod touchの強制リセット(復元) | トップページ | iTunes 10.3 »

iPod touch」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/579837/53064997

この記事へのトラックバック一覧です: iOS4.3.3にアップデートしてみたところ:

« iPod touchの強制リセット(復元) | トップページ | iTunes 10.3 »