« MacBook Air (Mid 2011)の噂 | トップページ | Mac SuperBundle Summer 2011 »

2011年7月13日 (水)

10.6.8にアップデートで起動時にカーネルパニック

MacBookにソフトウェアアップデートで10.6.8へのアップデートを実施後、再起動したら起動プロセスでカーネルパニックを起こした。

panic(cpu 1 caller 0x2abf6a): Kernel trap at 0x0029f24f, type 14=page fault

Ts3742_01_kp001en

起動時にShiftキーを押下してセーフモードで起動→起動する。
この時点でハードウェアの可能性小。
ログを確認したところ、Appleのモジュール以外にcom.metakine.handsoff.driver が記録されていた。

セーフモードのままHands Off!を起動してUninstall→再起動→正常起動。
MacBook Air は2バイトコードに対応した正式版の1.3.1(最新版は1.3.2)をインストールしていたため10.6.8にアップデートしても正常に起動したが、MacBookはデバッグ途中の1.2.4ベースのままであったためにカーネルパニックを起こした模様。

再度、MacBookのHands Off!を1.3.2にバージョンアップ。その後は正常に動作中。

 

|

« MacBook Air (Mid 2011)の噂 | トップページ | Mac SuperBundle Summer 2011 »

Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/579837/53065000

この記事へのトラックバック一覧です: 10.6.8にアップデートで起動時にカーネルパニック:

« MacBook Air (Mid 2011)の噂 | トップページ | Mac SuperBundle Summer 2011 »