« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月30日 (火)

LaCIe 2TB USB3.0のHDDを購入

かつてOld Macの頃、ハードディスクのフォーマットにOS付属のフォーマッターではなく、LaCieのSilverliningを使用していた。当時のMacはハードディスクがSCSIだったが、Silverliningのドライバは速さに定評が合ったからだ。
後に、FWBのHard Disk Toolkitに切り替えたが、今でもLaCieと言えばハードディスクよりもSilverliningのイメージは強く残っている。古いマックユーザーにはLaCieは馴染みのあるメーカーではないだろうか。その頃は今の様にOSでデータの配置が工夫されていなかったのと容量が少なかったためにデータの書き込み〜FDに退避して削除を繰り返していたので、3ヶ月に一回はNoron DiskDoctorでチェックしてからSpeed Diskを実行するのが習慣だった。

AmazonでLacieの2TBのハードディスクLCH-MN2TU3/Eを購入した。
フラストレーションパッケージ(簡易包装)で7,980円(価格.comの最安値は通常パッケージで8,163円)。

デザインはアルミのヘアライン加工だがシンプルそのもの。もっともモニタの裏に隠れてしまうのでどうでもいい。下手に曲線を用いられるよりも長方形の方が設置の自由度が高いのもプラス要素。
インタフェースはUSB3.0だが、2.0でも問題無く使用出来る。内蔵されていたドライブはSeagateのST2000DLだがファンレス設計ということもあって音も静か。

Windows機に接続している3台の外付けディスクのデータをこちらに退避して、その3台はPogoplugに接続することにした。
大事なデータは複数ディスクに保存しているので多少全体の容量を無駄にしているが、これだけ大容量ディスクが安くなってくると全然気にならない。

MacはThunderboltに移行するからUSB3.0はサポートされることはないかもしれないが、Windows機は今の構成(C2D E6600)でもう5年になるから、次にM/Bを変える頃にはUSB3.0が標準装備されている(ボードを追加してまで…という気にはならない)と思うので活きてくることになりそう。

続きを読む "LaCIe 2TB USB3.0のHDDを購入"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月29日 (月)

The History of Jobs & Apple 1976~20XX

MACLIFEという雑誌があった。

遙か昔、フリーウェアの多くは付属のCD-ROMから入手したものだったし、広告やレビューに載っている製品はなかなか手の届く価格のものではなく、今では考えられないくらいの厚さと重さを持った雑誌だった。

雑誌はとっくに廃刊となったが、MACLIFE特別編集という形で「The History of Jobs & Apple 1976~20XX」というのが発行されていたので購入してみた。

厚手の紙でジョブスを中心としたアップルの歴史がまとめられている。
内容としては目新しいものはないのだが、クロニクルとしては良くまとめられていると思う。

8月19日の発売だが、もう少し遅ければThe History of Jobs & Apple 1976~2011というタイトルになっていたことだろう。

続きを読む "The History of Jobs & Apple 1976~20XX"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

次期Mac?

秋に新しいMacの登場が噂されている。

今までにないMacの新しい形らしいのだが、時期的にはiCloudのサービス開始と同じだ。
ということは、ディスクレスということなのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月25日 (木)

that day has come

とうとうその日がきた。

何かが急に変わることもないからあと1〜2サイクル、2〜3年は特に大きな変化はないだろう。

普遍的なビジョンというのは誰もが持っているものではない。今のビジョンが終わるときにどうなるのか。

企業にとってカリスマは危険である。カリスマ無き後、必ず一度は低迷期を迎える。幾つかの企業はそのまま消えるし、幾つかの企業は新たな道に進み出す。

アップルもウォズとジョブスを失った80年代末から90年にかけて、一度経験している。
同じ轍を踏むのか、それとも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

3Planesoftのスクリーンセーバ

Mac App Storeに3Planesoftのスクリーンセーバが登録された。
Windows版は従来からあり、2002年から9年以上使っているお気に入りのシリーズなので嬉しい。Windows版は1本$9.99なので$1.99(170円)で買えるのもお買い得。
(ただしWindows版では50本以上を$99でまとめ買い出来る)

Mac App Storeでの購入ということで純粋のスクリーンセーバではなくアプリケーションとなっている。
アプリケーションを起動すると動く壁紙として動作し、PreferenceでScreen Saver Modeの時間を設定するとスクリーンセーバとなる。
Watch_mac_widescreen01    Watch_mac_widescreen02

壁紙として動作しているときのCPU使用率はLate 2010のMacBook Air(1.4GHz Core 2 Duo)で12%程度。動きは滑らか。
今後のラインナップに期待。



Fireplace 3D Fireplace 3D - 3Planesoft
The Lost Watch 3D
The Lost Watch 3D - 3Planesoft
Mechanical Clock 3D
Mechanical Clock 3D - 3Planesoft

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 1日 (月)

Snow LeopardでSafari5.1を5.0.5に戻す

Safari5.1を5.0.5に戻したくてLionからSnow Leopardに戻したのだが、戻した時点のSnow LeopardでもSafariを5.1にアップデートしてしまっていた。
さらに前の時点に戻すためにもう一度TimeMachineを走らせると時間が掛かるので、手動でSnow Leopard環境のSafariのバージョンを5.0.5に復元することにした。

復元方法は以下のとおり。
Safariを終了した状態でターミナルを起動。
ターミナルから、
sudo tar -xvf /Library/Application\ Support/Apple/.SafariArchive.tar.gz -C /
を実行。
次に
sudo rm -rf /private/var/db/receipts/com.apple.pkg.Safari51SnowLeopard.*
を実行。

これでSafariが前のバージョンに戻る。

ただし、これはSnow Leopardの場合であって、Lionの場合は有効ではない模様。

続きを読む "Snow LeopardでSafari5.1を5.0.5に戻す"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MacBook AirをSnow Leopardに戻す

MacBook Air Late 2010にLionを入れて10日ほど使ってみたが、Snow Leopardに戻すことにした。

理由は3つ。
・Safari5.1がダメ。
・ロケーション毎に異なるネットワーク(SSID)構成が設定出来ない。
・Mission ControlでSpacesの順番を任意に設定出来ない。

Safariは1Passwordが(これまでと同じように)使えないことと、複数のタブを開いている状態で終了する際にメッセージ確認が出来ないことが、使い方に合っていないため。

ネットワーク設定はどのロケーションでも同じネットワーク設定になってしまう。そのためモバイルルータを使っている場合に自宅の無線LANとモバイルルータの切り替えが思ったとおりに出来なくなった。
もっともこの仕様はPantherまでと同仕様なのだが、個人的にはSnow Leopardの仕様の方が使い方に合っていた。

Mission Controlは開く順番でSpacesが割り当てられるが、Snow Leopardの時はアプリケーション毎に開くSpacesを指定しておりアプリケーションの組み合わせで使い分けていたので、使いづらかった。

慣れの問題もあるかもしれないが(スクロール方向の変更はすぐに慣れてしまった)、LaunchPadよりQuickPickの方が使いやすい(そもそもLauncherも使っている)し、PagesやNumbersを使うことも少ないのでVersionsのお世話になることもない。
さらに再起動時のレジュームのデフォルト設定(チェックなし)が現時点では出来ないのも煩わしいかったというのもある。
また、メモリを4GBしか積んでいないため64bitの恩恵もあまり無い。

いずれLionでしか動かないアプリを使いたくなったときや、現状の不満点が解消されたら再びアップデートすることにする。
(もしくはLionしか動作しない現行機以降のMacを購入したとき)

Snow Leopardへの戻し作業は簡単で、作成していたUSB(もしくはRecovery HD)から起動して、TImeMachineで復元ポイントをSnow Leopardの環境を指定するだけだ(TImeMachineで取得しておく必要はある)。
作業は40分程度で、Lionのインストールよりは時間が掛かったものの、無事復元。


 

QuickPick QuickPick - Araelium Group

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »