« iOS5でmoperaの公衆LANサービスを使う | トップページ | iPhone4SとドコモXiプランでテザリング -まとめ- »

2011年12月 1日 (木)

iPhone4S (iOS5)でドコモの留守番電話サービスを使う場合の暫定回避策




2011年11月時点でiPhone4Sでドコモ回線を使用した場合、留守番電話ボタンが機能しない。
Voicemail01


iPhone4(iOS4)まではフィールドテスト用のコマンドで設定できたのだが、iOS5ではそのコマンドが使用できないようだ。

ただしメッセージの有無はバッジで表示されるし、SMSも送られてくる。
(電話アプリのバッジはメッセージ数が表示される))
Voicemail02    Voicemail03


「留守番電話ボタン」が機能しない以上、留守番電話に登録されたメッセージを確認する場合は、電話アプリから直接「1417」を発信することになる。

いちいち番号を発信するのが面倒なのであればショートカットをホーム画面に作成すればよい。
今回はTouch Icon Creatorを使用。
ついでにアイコンもそれらしいものを作成した。

Voicemail_icon
※114pxのRetinaサイズ。


使い方は簡単でアイコンを選択して番号を設定する。
設定画面で[電話をかける前に確認]をオフにしておくと、アイコンをタップすると即発信となる。
[作成]ボタンをクリックして、表示された画面(Safari)でホーム画面にアイコンを追加するだけ。

Voicemail04    Voicemail05


これでワンタップで留守電確認が出来るようになる。
Voicemail06


新たな対応策が見つかるまではこれで様子をみることにする。


以下、留守番電話関係の番号一覧。詳細はドコモのホームページで要確認。
番号非通知着信(申し込み・手続き不要)
148で発信、1で拒否(案内メッセージ有り)、0で許可

留守番電話(申し込み要、MyDocCoMoから設定可、即時有効)
1411で留守番電話サービスを開始(申し込み時は自動的に開始されている)
1410で留守番電話サービスを停止
1417でメッセージの再生・保存・消去
1416で保存済みメッセージの再生・保存・消去
1419で呼び出し時間の設定 呼び出し時間を0から120で設定して#
メッセージその他設定は1416を呼び出してから9。

通話中の着信設定
留守番電話に接続する場合は、1451
着信拒否は1459
通常着信は1450

Touch Icon CreatorTouch Icon Creator - Makoto Setoh

            





 
 

|

« iOS5でmoperaの公衆LANサービスを使う | トップページ | iPhone4SとドコモXiプランでテザリング -まとめ- »

DoCoMo」カテゴリの記事

iPhone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/579837/53382400

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone4S (iOS5)でドコモの留守番電話サービスを使う場合の暫定回避策:

« iOS5でmoperaの公衆LANサービスを使う | トップページ | iPhone4SとドコモXiプランでテザリング -まとめ- »