« iOS5.1の壁紙? | トップページ | iPadからGoogleでLet it snow »

2011年12月19日 (月)

2011年末時点で使用しているApple製品




Mac。

  • MacBook Pro 17インチ、Late 2011モデル、グレア、U.S.キーボード。
    光学ドライブを外してSSD(120GB)+HDD(750GB)に変更
    メモリ8GBに変更。
    様々な紆余曲折を経てメインマシンとして自宅のリビング・ダイニング等で使用。
    iPod、iPad、iPhoneの母艦。
    lionプレインストールモデルだがシステムはMacBookから引き継いで使っているのでSnow Leopard。
    何回か持ち出しており、ケースもあるが珍しいケースなので非公開。
    Macbookpro17022411


  • MacBook Air 11インチ、Late 2010モデル、U.S.キーボード。
    SSDは64GBだが常時10〜15GBの空きがあるので十分。
    メモリは4GB。
    外出用マシン。データはクラウドサービスやPogoplugに格納しているため、ほとんど無い(唯一入っていてかつサイズが大きいのがParallelsの仮想マシン)。
    インストールしているアプリの構成はMacBook Proとは異なる。
    ブログのエントリは大抵このマシンとEvernote上で書いて、MacBook Proで画像編集などを行ってからアップロードしている。
    Snow Leopard。
    ケースはBookiBook
    Macbookair11insnowleopard


Macについては当面Snow Leopardを使い続けるので当面買い換えることはない予定(あくまで予定であって決定ではないのだが)。

iOSデバイス。
  • iPhone4S、白、64GB。
    キャリアはドコモ
    iPod touchからリプレース。64GBになったこと、シングルコアのiPod touchで動作がもたつくアプリが出てきたこと、ドコモからXiプランが安く利用できるようになったことから購入を決意。
    色については、液晶の光漏れの不具合のため白モデルには日本製の液晶ディスプレイを搭載しているという噂と、昔からiPod系は白が似合う思っていることから白を選択。
    格納している音楽はピックアップした2,500曲程度で、容量のほとんどは写真やアプリなどのデータ。
    Iphone4swhite


  • iPad2、黒、16GB、WiFiモデル。
    iPod touch(現在ではiPhone)の小さい文字を夜に寝室で読んでいるとと目に悪いことと、GarageBand(Mac版は所有しているが)を使いたかった(当時iPod touch版は無かった)から購入。
    寒くなってきた今の季節は、布団の中で活躍中。
    使用用途から16GBで十分と判断した。空き容量は3GB程度なので、目論見通り。当然3Gは不要。
    夜、比較的暗い部屋で操作するので、ベゼルが目立たないように(邪魔にならないように)黒モデルを選択。
    音楽やビデオに関してはホームシェアリングで母艦のMacBook Proにアクセスしているので一切入っていない。
    スマートカバーは当然(PRODUCT)RED。
    横位置でのキーボード入力用にKickstarter.comでこれを予約。
    Ipad2black



iPod。
  • iPod 5.5G、80GB、白。
    120GBに換装してiTunesの音楽ライブラリを全部入れている。購入以来一度もバッテリーを交換していないが、いまだに週一回充電すれば週5日通勤時の使用でバッテリー切れを起こさない働き者。
    iPod ソックスに入れて使用。毎日気分で色を変えられるので、汚れてボロボロになるたび買い換えている。
    Ipodvideowhite55generation


  • iPod nano 5G、16GB、(PRODUCT)RED。
    主に夏場などシャツ一枚で外出時など荷物を少しでも減らしたい際や、海や山などアウトドア系のレジャー時に使用。そのため首から何かをぶら下げるのは嫌いなくせに、nanoだけはポリカボのジャケットに首からぶら下げられるストラップを付けている。
    音楽プレイヤーとしての操作性はiPod 5.5Gや後発のiPod touch・iPhoneよりもこれが一番優れていると思う。特に再生中のアーティストで検索など、iOSモデルでも出来てよさそうなのに出来ない機能が便利。
    Ipodnano5gproductred


上記以外にもiPod touchを始めとして使わなくなった旧機種があるが、現役なのは上記の6台…持ちすぎのような気がするが、先日記述したメールアカウントの併用と同様に使用するシチュエーションは棲み分けが出来ている。

外出時:MacBook Air + iPhone
自宅:MacBook Pro + iPad
平日:iPod
休日:iPod nano

ストレージもメインのMacBook Proは750GB(+SSD)、iPhone4Sは64GBの最大容量を選択していることに対して、サブ機のMacBook Airは64GB、iPad2は16GBと最低容量を選択とハイローミックスがハッキリしている。
例外はiPod nanoで、さすがに8GBは小さ過ぎたし、差額も安かったことから16GBを選択した。

ここ10年ほどの購入経緯。

SONYのSonicstageに腹が立ってiTunes(iPod)を導入。

軽装時用にnanoを購入。

音楽ライブラリを活用するためにiPod touchを購入。

SnowLeopardの出来が良かったのとiPod touchとの連携を考慮してMacBookを購入。

外出時用にMacBook Airを購入。

寝室での利用目的でiPadを購入。

SandyBridgeによる基本性能の大幅強化と今後の新機種にはSnowLeopardがインストール出来ないのでMacBook Proを購入。

大容量化と高速化によりiPhoneを購入。

シチュエーション別のモデル構成やデバイス間の連携という現在のAppleの製品戦略がしっかりと確立されているからなのだろうが、見事という他ないほどAppleの戦略にはめられている。しかし、それ故に機器間の連携や資産の継承などが便利なのも確かだ。
事実、これからWindowsに変更とすると幾つかのアプリケーションは買い直さなければならないし、Androidに変更するとやはりアプリの購入が必要となる。
また、Walkmanに戻そうとしてもすでに多量にある音楽ファイルをエンコードし直したり、iTunes Storeで購入した楽曲を新たに購入し直す気には到底なれない。
iOS5によって外出先でiPhoneから購入したものや、iPadで購入したものが自動的に他のデバイスやiTunesにコピーされるようになったのも便利だ。

これだけあっても昔のMacintoshの半額以下なのだから安くなったものだ。とは言うものの、さすがにしばらくはこの構成で使っていきたい。


    





 
 

|

« iOS5.1の壁紙? | トップページ | iPadからGoogleでLet it snow »

Apple」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/579837/53516458

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年末時点で使用しているApple製品:

« iOS5.1の壁紙? | トップページ | iPadからGoogleでLet it snow »