« iOS5の設定アプリ アイコン その2 | トップページ | iPad用ホーム画面のPhotoshopテンプレート »

2011年12月12日 (月)

iPhone4S用保護フィルム




金属クリップ付きのストラップを使用しているため傷だらけになるのは必至だから、iPhoneにはマイクロソリューションのPRO GUARDの光沢タイプ保護フィルムを貼った。。
保護フィルムには付属物としてクリーニングクロス(サイズが大きい。単品であれば500円ぐらいで販売しているものと同じくらい。貼ったあとはiPhoneの拭き取りやそれ以外にも色々と使える)とゴミ取りシールが2枚ついている。

以下の手順で貼り付けた。
1.ゴミ取りシールでiPhone表面のホコリを取る。
2.クリーニングクロスでiPhoneに付着している油脂を拭き取る。
3.再度ゴミ取りシールでホコリを取る。
4.ホームボタンの位置を合わせて仮貼り。
5.フロントカメラの位置を合わせる。
6.気泡を爪で丁寧に押し出しながら圧着する。この際にホコリが見つかったら剥がしてゴミ取りシールでフィルムからホコリをとる。
7.表面が出来たら同じ手順で裏面。位置はカメラを基準とする。
※脂性の場合は始める前に良く手を洗っておくこと。

ゴミ取りシールとクリーニングクロス、フィルム自体の貼り易さと相まってホコリも気泡もなくキレイに貼ることが出来た(ただしバンパーを装着すると、圧着している部分だけ若干浮いてしまうのは仕方がない)。正直この製品でホコリや気泡が入るようだったら、よほど環境が悪い(ホコリっぽい)か不器用ということになる。

それほど滑りも悪くならないし、安物のフィルムにありがちな干渉縞(虹のような模様)もなく仕上がりはキレイだ。

iPod touchのときも思ったが、Retinaディスプレイを活かすとなるとフィルムは光沢の一択だろう。その代わり使っていれば指紋が残る。これは何も貼らなくても同じだし、指紋や油脂が残っているならば拭けばいいだけのこと。





 
 

|

« iOS5の設定アプリ アイコン その2 | トップページ | iPad用ホーム画面のPhotoshopテンプレート »

iPhone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/579837/53466888

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone4S用保護フィルム:

« iOS5の設定アプリ アイコン その2 | トップページ | iPad用ホーム画面のPhotoshopテンプレート »