« com.apple.mDNSResponder.plistを編集したときの注意点 | トップページ | パスワード解除に5時間 »

2012年1月22日 (日)

ポケットルーター交換




以前に購入したポケットルーター MZK-MF150のメーカーサイトに一部のロットで不具合があり交換とのリリースが出ていた(リリース自体は2年近く前に出されていたもので、今まで気がつかなかった)ので、フォームにシリアル番号を入力して送信したところ交換対象であることが確認されて後継機種のMZK-MF300N2と交換になった。

型番のとおり300Mbps対応だが2.4GHzのみのためMacでは150Mbps接続となり、通信速度面では旧機種と変わらないが、USBから給電出来るようになっているのは嬉しいところ。持ち運ぶ際にACアダプタが不要となった(MZK-MF150のACアダプタは小さかったので余り苦にならなかったが、MZK-MF300N2ではひとまわり大きくなっているのでなおさら)。

付属品の中にUSB-DCケーブルが含まれている。USBをMacにDCを本体のDCポートに接続する(USB-USBでは無い)。本体にはUSBポートも付いているがこれは使用しないとのこと。

Amazonでは本製品のフラストレーションフリー(簡易包装)版も販売しているが、こちらにはUSB給電ケーブルが付属していないので注意。

試しにMacBook Proに接続しているUSBハブから給電してみたが正常に動作した。このUSBハブはMac本体からのバスパワー給電のみである上にすでに2.5インチのポータブルHDD(TimeMachine用)も接続しているが、今のところ両機器とも問題無く動作している(接続しているHDDドライブの消費電力次第かもしれない)。とは言うものの安定させるならACからの給電をした方がいい。

交換前のMZK-MF150もそうだったがこのMZK-MF300N2も接続するモード(ルーターモード・APモード・コンバータモード)によって接続先(ルーターの初期状態)のIPアドレスが異なる。セットアップマニュアルではmf.setupで接続と記述しているが表示されない場合はIPアドレスを入力する。
ルーターモード:192.168.111.1
アクセスポイントモード:xxx.xxx.xxx.250
コンバーターモード:xxx.xxx.xxx.249.249

交換品と一緒にUSB接続のmicroSDリード/ライターが同封されていた。リリースが出てから2年近く気がつかずその間も正常に使えていた上にUSB給電になっただけでも十分嬉しいので、かえって申し訳ないぐらい。

    





 
 

|

« com.apple.mDNSResponder.plistを編集したときの注意点 | トップページ | パスワード解除に5時間 »

internet」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/579837/53795188

この記事へのトラックバック一覧です: ポケットルーター交換:

« com.apple.mDNSResponder.plistを編集したときの注意点 | トップページ | パスワード解除に5時間 »