« PS3のアクセスポイントを削除 | トップページ | このワークステーションとプライマリドメインとの信頼関係に失敗しました »

2012年3月30日 (金)

ScanSnap S1100




ScanSnap S1100を使っている。

USB給電のためMacBook Airと組み合わせて外出先で使用することも出来るが、基本的には自宅のMacBook Proに接続している。
消費電力はそれほど大きくなく、MacBook Pro17インチの一番奥(モニタ寄り)のUSBポートからUSBハブを経由して2.5インチHDD・ポケットルータMZK-MF300N2と本機の3台を接続しているが問題なく動作している。

片面読み取りであることとフィーダーが付いていないので原則1枚ずつとなるが、連続して読み取らせれば1つのPDFファイルとして出力してくれる。小さいから場所も取らないのはありがたいし、自炊は行わないのでこれで十分。

iTunes Storeから専用アプリ(ユニバーサル)をダウンロードするとiPhone/iPad/iPod touchにスキャン結果を直接転送することも出来る。EvernoteやSugarSyncとも連携できるので、ケースバイケースで保存先を変えている。

スキャンと言えばビジネス用途で名刺の読み込みが一番に思い浮かぶが、ホームユースでも色々な使い道がある。

通常はハードウェアの修理等で保証期間の証明として購入の証跡が必要となるが、大抵の場合修理が必要なときには紛失してしまっていることが多い。店舗のレシートやAmazon・楽天などのネットショッピングの納品書をScanSnapで読み込ませておけば紛失の心配はなくなる。

また、昨今では製品のマニュアルをPDFでダウンロード可能な場合が多くなってきているが、稀にPDFで配布していないもの(特に海外製に多い)などもScanSnapで読み込んでいる。包装箱の裏面に印刷されているような簡単なマニュアルでも設定を変えようとした際に必要となるケースもあるので、とりあえず片っ端からスキャンするようにしている。スキャンしたPDFはダウンロードしたPDFと同じようにiPadのiBooksに保存しているので、いつでも参照できる。iBooksのコレクションとして「マニュアル」という項目を作成してそこに集約しているが、すでにかなりの数が入っている。企業でもマニュアル代わりにiPadの導入が進んでいるが、個人レベルでも十分そういう使い方ができる。

先日、回線を光ネクストに変更したがその際にNTTから管理番号とパスワードを記入した紙が送られてきた。通常はほとんど利用することはないのだが、回線を変更したりオプションを追加したりする場合に必要となるのだが、最初に送られてきた紙以外には確認することが出来ない(分からない場合は問い合わせるしかない)。このように数年に1度参照するかしないかようなものや、各種申し込みなどまだまだ紙ベースで処理されているケースは少なくないので、そんな場合にもScanSnapで電子ファイル化しておけば後々役に立つかもしれない。所詮PDFファイルなので高々数百KB~数MB程度なので、ハードディスクへの負担もそれほど大きくない。

メモや簡単なレシピ、デザインが参考になりそうなチラシやちょっとだけ興味を惹かれたパンフレット、クレジットカードの利用明細や各種カード類(エンボスの無いプラスティックカードもスキャン可能)に記載されている問い合わせ先等々、これまでだったら一目見てから簡単に捨てていたものも捨てる前に一度スキャンすれば情報としてどんどん蓄積できる。

ScanSnapは無くても困ることは無いかもしれないが、あると便利。最初は使うかどうか分からないので購入を迷っていても、とりあえず購入して片っ端からスキャンしているうちに自分に合った使い方が見つかるタイプの製品だと思う。





 
 

|

« PS3のアクセスポイントを削除 | トップページ | このワークステーションとプライマリドメインとの信頼関係に失敗しました »

その他ハードウェア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/579837/54345808

この記事へのトラックバック一覧です: ScanSnap S1100:

« PS3のアクセスポイントを削除 | トップページ | このワークステーションとプライマリドメインとの信頼関係に失敗しました »