« CloudFTP -USBメディアをワイヤレスNAS化- | トップページ | MacBook Pro Late 2011とSnow Leopard Server »

2012年5月17日 (木)

MacBook Proのハードディスクを1TB化




MacBook Proの内臓ハードディスクを交換した。

これまでは120GBSSD+750GBHDDのデュアル構成。
HDDの使用量は通常では650GB程度で安定しているのだが月に2,3回は動画などの一時ファイルで使用量が700GB超まで行くケースがあり、空き容量が少なくなったことによるフラグメンテーションから書き込み性能にも影響が見られるため1TBに換装することにした。

HDDベイならば12.5mm厚でも入りそうだが光学ベイにアダプタを使って設置するために9.5mm厚のHDDを選択することにした。現在市場で入手できる1TBの9.5mm厚のHDDはWestern DigitalのWD10JPVT、SumsungのHN-M101MBB、HGSTの0S03509、東芝のMQ01ABD100の4機種となり、いずれも5,400rpmでキャッシュが8MBと同じだがHGSTのみSATA3(6Gbps)対応となっている。
実売価格的にはSumsung→WD→東芝→HGSTの順となるが、これまでの経験や印象から2.5インチHDDということもあってSumsungとWDをまず除外。MacBook Pro(Late 2011)は光学ベイもSATA3となっていることからHGSTにしようかと考えた(もっともHDDの性能が追いつかないのでSATA2でも問題は無い)が、ふとアタマを過ぎったのは同じくSATA3のSSDを光学ベイで認識できなかったことだ。Early 2011モデルでは3Gbpsだったり6Gbpsだったり混在していたことからも分かるとおり、チップセット自体はサポートしているにも関わらずMacBook Proの光学ベイのSATAはいまいち安定していない印象がある。

どちらにするか迷っていたところ、友人がHGSTの1GBを購入したので使用前に試させてもらうことが出来た。結果から言えば認識自体はするものの(SSDは認識すらしなかった)、エラーが頻発し使えるものではなかった(S.M.A.R.Tも認識出来ない)。
メインのHDDベイにHGSTのドライブを装着したところ問題なく動作したので、あくまで光学ドライブベイのI/Fに起因する問題だろう。SATA3ではコネクタ形状は従来のものを継承しているもののMacBook Proで使われている光学ベイ用のケーブル(Slimeline)は当然SATA3を想定したものではないだろうし、とは言うもののSATA3対応を明確にしている光学ベイ用ケーブルがあるわけでもない。もしかしたらこのMacBook Pro固有のハードウェアトラブルかもしれないがGeniusバーに持ち込んでもサポート対象外で一蹴されるのは明らかなので、問題点を調べることは難しい。
もっとも、現状は2.5インチのHDDでSATA2の転送速度である300MB/sですら出せるものもないのでSATA3対応のHDDを搭載する意味はほとんど無い(SSDは500MB/s超のモデルが多くなってきているので逆にSATA2では意味が薄れてしまう)。

ということで購入したのは東芝のMQ01ABD100。こちらはドライブがサポートしているSATA2でリンクし、正常に動作した。

メインベイのSSDは120GBをSATA3接続で転送速度は500MB/s程度、光学ベイのHDDは1TBをSATA2接続で転送速度は100MB/s程度という構成になった。この100MB/sというのが5,400rpmの2.5インチHDDのほぼ上限値ということだろう。

光学ベイに搭載したときのベンチマークの値
1tb_sata

FW接続の5,400rpmの外付けHDDの値
Freecom02






 
 

|

« CloudFTP -USBメディアをワイヤレスNAS化- | トップページ | MacBook Pro Late 2011とSnow Leopard Server »

MacBook Pro」カテゴリの記事

SSD・HDD・NAS・その他ドライブ類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/579837/54728736

この記事へのトラックバック一覧です: MacBook Proのハードディスクを1TB化:

« CloudFTP -USBメディアをワイヤレスNAS化- | トップページ | MacBook Pro Late 2011とSnow Leopard Server »