« WWDCキーノート前夜 | トップページ | iPad Smart Case »

2012年6月12日 (火)

WWDC 2012 雑感




WWDC 2012のキーノートで発表されたのは
・Ivy Bridge搭載のMacBook Air、MacBook Pro(13インチと15インチ。17インチは終了)
・Retina Displayを搭載したNext Generation MacBook Pro 15インチ
・Mountain Lion
・iOS6
の4つ。

iPhone5は発表されなかった。LTEを搭載という電話としての基本機能に関わる変更が行われることから、iOS5の状態でリリースして後日iOS6にアップデートというパターンも有りかと思っていたが、Appleは今後はiOSのメジャーアップはハードとセットとする方針を固めたようだ。
iOS5は機能の目玉の一つであるSiriがiPhone4Sでのみのサポートとなったために同時リリースだったのだが、そうなると今度のiOS6に搭載される機能の中にもiPhone5限定の機能があるのだろうか?
ということでiPhone5が発表されるかも…という予想は大外れ。

MacBook Airと(従来の)MacBook Proは想定の範囲内というより、想定されていたそのものでIvy Bridge対応とチップセットがサポートすることによるUSB3.0の搭載、内蔵GPUがIntel HD Graphics 4000とディスクリートGPUのnVidiaへの変更に留まった。面白いのはUSB3.0のポートをグレーにしたこと。USB3.0のポートは青とすることが推奨(といいつつほぼ仕様)となっているが、デザイン上我慢出来なかったのだろう。ポートの色をグレーにすることにそれなりの交渉を行ったはずだが、この辺りに妥協しないところはAppleらしい。
GPUがSnow Leopardがサポートしていないものに変わったため、このマシンからSnow Leopardの動作は基本的に不可能となる。

Next Generationは噂どおり高解像度のディスプレイを搭載してきた。モデルは15インチのみだが2,880×1,800と15インチの縦横がちょうど2倍の解像度を実現した。そのため縦横比は変わらず16:10。
光学ドライブを廃止してストレージはSSDのみ。SSDの容量は下位モデルが256GB、上位モデルは512GBで768GBにCTOが可能。メモリは標準8GBで16GBへのCTOも用意されている。どうやらAir同様に基盤に直付けらしく後から自分で交換することはほぼ不可能だ。裏のネジもAirと同じく特殊なものを採用しているようだ。
Performancejpg

Performance_backpng


気になるのは液晶部分の薄さだ。Airでも十分薄いと感じたがこのサイズでこの薄さだと耐久性が足りないような気がする。薄さを実現するためにガラスも廃止したとのことがなおさら強度の低下につながり、少なくとも都内のラッシュ時の圧力に耐えられるかどうかは疑問だ。2kg程度の重さからモバイル中心とはならないかもしれないが、持ち運びそれもラッシュ時に掛かるような場合は注意が必要だと思う。

iPhoneがそれまでの163ppiからiPhone4で326ppiと初めてRetinaディスプレイを名乗り(ジョブズ曰く300ppiを越えると網膜が区別出来ない)、iPadがそれまでの132ppiからiPad(2012)で264ppi(この時はiPhoneよりも目とディスプレイの距離が離れるからこれでもRetinaだと、少々苦しい言い訳)、そして今回は従来型の110ppi(高解像度モデルでは128ppi)から220ppiとiPad(2012)よりもppi値は低いがやはり同じ言い訳でRetinaを名乗っている(ちなみに17インチのMacBook Proは133ppi)。
どうしても画面が大きくなるに従って解像度は低くなる(同じ解像度ではコストや歩留まりが量産的ではなくなる)ので仕方がない。
ちなみに下位モデルは税抜きで176,000円、上位モデルは同じく227,429円。ドルではそれぞれ$2,199と$2,799だから、下位モデルは$1が80.04円で上位モデルは81.25円で換算されたことになる。Appleの場合は往々にして下位モデルの方が為替レートが有利な場合が多いような気がする。

そしてその影でひっそりとMacBook Proのラインナップから17インチが消えた。
17インチを終了させたのは技術的な問題ではなく、恐らくはNext Generation MacBook Proの影響であることはほぼ間違いない。価格的にもバッティングするし、何より最上位モデルであるはずの17インチよりもNext Generationの方が解像度が高いというのはAppleの考えるシンプルなラインナップの考え方にそぐわないからだろう。
また、Appleは数字を発表こそしていないものの17インチの出荷台数は15インチを大幅に下回り、そのサイズと相まってコストも割高だと推測される。そしてNext Generationも当初はどうしてもコストが高くなりがちとなるため、コスト高のラインを2本抱えたくないという判断が働いたのかもしれない。

Mountain Lionはこれまでもすでに発表されていたため、目新しさは特にない。それでもDeveloper Release3からは多少機能が改善されているようだ。

iOS6はFacebookの統合やGoogle Mapからの変更などは噂どおりだが、新しい機能としてPassbookが追加された。リマインダーと同様に時間や場所に応じてパスを表示してくれる。パス上に表示されているQRコード等でサービスを受けることも出来るし、飛行機の座席表示なども対応するようだ。日本の場合はほぼ同様の機能(場所や時間で表示されないものの、バックグラウンドで認識してくれる)おサイフケータイが普及しているため、すでにそれらで対応しているサービスは追加されないかもしれないが、新しいサービスでは採用される可能性があると思う。
不思議なのはiPod touchの4th genに対応しているにも関わらずiPad 1stに対応していない点だ。両方ともCPUは1GHzのA4でRAMは256MB、GPUはPowerVR SGXと基本処理に掛かる部分の性能はほぼ同じであるにも関わらず。違いと言えばジャイロスコープの有無があり(iPod touch 4Gは搭載しているがiPad 1stは搭載していない)、もしかするとこれが地図アプリの動作に影響するためにiPad 1stではiOS6がサポート対象外になったのかもしれない。地図アプリとそれに関わる位置情報はiOSの様々な機能と連携しているだけに、その地図アプリが完全に動作しない(のかもしれない)iPad 1stが除外されたという可能性はある。
※アップした後に気がついたが、サポートされているiPhone3GSもジャイロスコープは搭載していない…となると??

今回はかなり盛りだくさんだったために、アップルのプレゼンにしては珍しく時間的に余裕が無く駆け足でのプレゼンになったような印象がある。






 
 

|

« WWDCキーノート前夜 | トップページ | iPad Smart Case »

Apple」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/579837/54942203

この記事へのトラックバック一覧です: WWDC 2012 雑感:

« WWDCキーノート前夜 | トップページ | iPad Smart Case »