« 夏場におけるMacの使用 | トップページ | Googleモバイルで手書き検索 »

2012年7月25日 (水)

Mountain Lionでアプリが起動出来ない/Power Napが有効にならない他

MacOS X 10.8 Mountain Lion ではGateKeeperというセキュリティ機能が実装されている。これはアプリケーションの起動を制限することで危険なアプリケーションによる被害を未然に防ぐ機能だ。設定出来るレベルは3つ。
・Mac App Storeからダウンロードしたアプリケーションのみ起動が可能。
・MASからダウンロードしたアプリケーションと、AppleのMac OSディベロッパー登録によって発行されたIDでAppleから認定されている開発者が作成したアプリケーションの起動が可能。
・全てのアプリケーションの起動が可能。
そしてMountain Lionのインストール直後ではデフォルトで2番目が設定されている。そのため、MAS経由で無かったり署名がされていないアプリケーションを起動するとこのようなダイアログが表示されて起動出来ない。
Gatekeeper01


GateKeeperを回避する方法は2つある。一つはControlキーを押しながらアプリケーションを起動する方法。これはその場限りなのでプリンタドライバのインストールなど何度も起動しないアプリケーションを使用する場合には有効だ。
もう一つはGateKeeperを無効にする方法だ。ただしセキュリティを弱くするので自己責任で。
[システム環境設定]の[セキュリティとプライバシー]を開く。
ロックされているのでパスワードを入力して解除。
「すべてのアプリケーションを許可」を選択するとダイアログが表示されるので「すべてのアプリケーションを許可」ボタンを押下。
これでGateKeeperを無効に出来る。
Gatekeeper02


Gatekeeper03


ついでに[プライバシー]タブをクリックして[診断と使用状況]を選択するとデフォルトでAppleに使用状況を送るチェックボックスが有効になっている。気になる人はこれも無効に。

Gatekeeper04



Mountain LionではPower Napという機能も実装された。これはスリープ中にソフトウェア・アップデートやTime Machineを実行したりiCloudと同期を取る機能だが、Appleのサイトには以下の条件が記載されている。
「Power Napを利用するには、フラッシュストレージを内蔵したMacのノートブックが必要です。ファームウェアのアップデートが必要になる場合があります。」
つまり、MacBookであること(iMacやMacProは不可)とSSDを内蔵していることということだ。2番目の条件は多少曖昧でCTOでカスタマイズしたMacBook Pro(Retinaを除く)でどうなるかは不明。
確実に動作するのは現行のRetina MacBook ProとMacBook Airということになる。有効の場合は[システム環境設定]の[省エネルギー]に設定が表示される。

またスリープ状態で動作するためにファームウェアのアップデートが必要となる場合があることにも注意。特に2011モデル以前。




Lion (10.7) でログオフや再起動・システム終了の際に「再ログイン時にウインドウを再度開く」というチェックボックスが実装された。ログイン時に再度開きたくない場合はこのチェックボックスを外すのだが、次に再起動やシステム終了を行おうとすると、またチェックボックスが有効になっていた。
これがMountain Lionでは仕様が変わり、一度チェックボックスを外すと次回以降はデフォルトでチェックボックスが無効になるようになった。
この機能についてはAppleにかなりの改善要望が送られたのかもしれない。
Resume




Mountain Lionでシステムプロファイラ(システムレポート)を起動して[ソフトウェア]-[インストール]を選択すると、Mac App Store経由でインストールしたもの(ソフトウェアアップデートを含む)が表示される。
App StoreからインストールしたアプリケーションはソースにMac App Storeと表示され、ソフトウェアアップデートの場合はAppleと表示される。また、一部ATOKのように他社製でもインストールしたものが表示されるが、アドビ製品は表示されなかった。インストーラーのバージョンにも因るのかもしれない。




Safari 6ではフォントの変更が出来なくなった。これはHTML5時代にはサイト単位で最適なフォントを指定しているのだからユーザーが変更するようなものではない…ということなのだろうか?
(スタイルシートを記述すれば変更することが出来るので、そのうち機能拡張を誰かが作るかもしれない)

|

« 夏場におけるMacの使用 | トップページ | Googleモバイルで手書き検索 »

Mac」カテゴリの記事

Tips」カテゴリの記事

コメント

「再ログイン時にウインドウを再度開く」のチェックボックスのバグは、10.7のマイナーアップデートで改善されてましたよ

投稿: | 2012年8月 1日 (水) 00時29分

そうだったんですね。10.7はParallelsで10.7.2までしか使っていなかったので、気づきませんでした。でもAppleのことだからきっとバグとは言わずにそういう仕様だったと言うかも(笑)

投稿: あれやこれや | 2012年8月31日 (金) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/579837/55263689

この記事へのトラックバック一覧です: Mountain Lionでアプリが起動出来ない/Power Napが有効にならない他:

« 夏場におけるMacの使用 | トップページ | Googleモバイルで手書き検索 »