« アマゾンでKindleの予約開始 | トップページ | Huluの日本語字幕がChromeで文字化け »

2012年10月24日 (水)

Apple Special Event, October 2012 雑感

日本時間の10月24日2時から行われたスペシャルイベントで発表された製品の雑感を簡単に。

まずRetina MacBook Pro 13。MacBookシリーズの中で一番のボリュームゾーンに付加価値製品を投入というビジネスのスタンダードに沿った製品。従来型より軽くなったために懐に余裕があるユーザーはMacBook Airの13ではなく、こちらを選ぶケースもあると思う。
ディスクリートGPUを搭載せず、内蔵GPUのみとなっているためRetinaモードで表示している時の負荷は多少厳しいかもしれない。

Mac miniもIvy Bridge化。サーバー系の使い方とインストール作業用にターゲットモードを使用するケースを想定してFirewireを残したのだと思うが、それで正解。進化というほどのものでもないが順当なところだろう。

iMacからも光学ドライブが外された。ただ外しただけだとデザイン上締まりが無いから薄型化をしたのだと思う。実際にはスタンドの奥行きはそれほど変わっていないので本体の容積が幾ら減っても、作業エリアとして確保するサイズは変わらないので、ノートの薄型化とは全く意味が異なる。
ノートは薄型・軽量などの観点から光学ドライブの廃止という方向性は十分アリだが、iMacの場合はクラウド化促進のためでしかなく、ユーザーの利があまり無いだけにデザインでどこまでアピール出来るかが鍵。

iPad 4thはLightningで統一するために、このタイミングで出さざるを得なかったのだろう。LTEのチップはiPhone5と共通化のために、アメリカ以外もサポートすることになった。日本に限って言えばソフトバンクの独占が崩れたことが一番のメリット。
CPU・GPUの性能はiPad 3rdの2倍とのことだが、iPad自体が性能追求型でもなく従来のA5Xでも十分なスペックを持っていることから、iPad 3rdからの買い替えについてはiPhone5とコネクタを統一したいという場合以外は踏みとどまって5thまで待ってもいいと思う。

iPad miniは、7インチクラスの市場を奪われないために出した製品であって、勝負製品ではないと思う。Appleも勝とうというよりは、負けなければいいというスタンスではないだろうか。
それでも他社と差別化を図るために7.9インチのディスプレイを搭載したが、そのバーターとしてベゼルの幅が極端に狭くなり、親指でつまむと前面のタッチパネルに掛かってしまう多少まずいデザインとなった。そのため商品写真の様に両端を挟む持ち方か背中に手を当てる持ち方のいずれかになると思うが、日本人や女性の手だと前者の持ち方は少し厳しいかもしれない。
ちょっと無理をしたのではないかな?という印象だ。
一方でアプリケーションの継承が足かせになっている部分として解像度がある。他社の最新7インチクラスは一律1280ピクセルとなっているのに対して、大画面の7.9インチを搭載しつつもiPad miniは1024ピクセルに留まっている。そのためppiでは低い値になっており、並べて比べられると画面が粗い印象を受けるかもしれない。これはApple Store等でiPad 4thと並んで展示されている場合にも言えることだ。

iPad miniを除いては、これまでのAppleの既定路線に則った製品であり、2,3世代前からの買い替え需要には応えられるラインナップだと思う。

今回のイベントはほぼ出てくるラインナップが予想出来ていた上に、個人的な興味を惹かれるものも無さそうだったので、久しぶりのライブストリーミングだったが見ずに寝てしまった。
前回、今回と事前のリークが多いせいもあって、サプライズ感が無いのが少し残念。

|

« アマゾンでKindleの予約開始 | トップページ | Huluの日本語字幕がChromeで文字化け »

Apple」カテゴリの記事

iPad」カテゴリの記事

MacBook Pro」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/579837/55964913

この記事へのトラックバック一覧です: Apple Special Event, October 2012 雑感:

« アマゾンでKindleの予約開始 | トップページ | Huluの日本語字幕がChromeで文字化け »