« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月24日 (水)

Apple Special Event, October 2012 雑感

日本時間の10月24日2時から行われたスペシャルイベントで発表された製品の雑感を簡単に。

まずRetina MacBook Pro 13。MacBookシリーズの中で一番のボリュームゾーンに付加価値製品を投入というビジネスのスタンダードに沿った製品。従来型より軽くなったために懐に余裕があるユーザーはMacBook Airの13ではなく、こちらを選ぶケースもあると思う。
ディスクリートGPUを搭載せず、内蔵GPUのみとなっているためRetinaモードで表示している時の負荷は多少厳しいかもしれない。

Mac miniもIvy Bridge化。サーバー系の使い方とインストール作業用にターゲットモードを使用するケースを想定してFirewireを残したのだと思うが、それで正解。進化というほどのものでもないが順当なところだろう。

iMacからも光学ドライブが外された。ただ外しただけだとデザイン上締まりが無いから薄型化をしたのだと思う。実際にはスタンドの奥行きはそれほど変わっていないので本体の容積が幾ら減っても、作業エリアとして確保するサイズは変わらないので、ノートの薄型化とは全く意味が異なる。
ノートは薄型・軽量などの観点から光学ドライブの廃止という方向性は十分アリだが、iMacの場合はクラウド化促進のためでしかなく、ユーザーの利があまり無いだけにデザインでどこまでアピール出来るかが鍵。

iPad 4thはLightningで統一するために、このタイミングで出さざるを得なかったのだろう。LTEのチップはiPhone5と共通化のために、アメリカ以外もサポートすることになった。日本に限って言えばソフトバンクの独占が崩れたことが一番のメリット。
CPU・GPUの性能はiPad 3rdの2倍とのことだが、iPad自体が性能追求型でもなく従来のA5Xでも十分なスペックを持っていることから、iPad 3rdからの買い替えについてはiPhone5とコネクタを統一したいという場合以外は踏みとどまって5thまで待ってもいいと思う。

iPad miniは、7インチクラスの市場を奪われないために出した製品であって、勝負製品ではないと思う。Appleも勝とうというよりは、負けなければいいというスタンスではないだろうか。
それでも他社と差別化を図るために7.9インチのディスプレイを搭載したが、そのバーターとしてベゼルの幅が極端に狭くなり、親指でつまむと前面のタッチパネルに掛かってしまう多少まずいデザインとなった。そのため商品写真の様に両端を挟む持ち方か背中に手を当てる持ち方のいずれかになると思うが、日本人や女性の手だと前者の持ち方は少し厳しいかもしれない。
ちょっと無理をしたのではないかな?という印象だ。
一方でアプリケーションの継承が足かせになっている部分として解像度がある。他社の最新7インチクラスは一律1280ピクセルとなっているのに対して、大画面の7.9インチを搭載しつつもiPad miniは1024ピクセルに留まっている。そのためppiでは低い値になっており、並べて比べられると画面が粗い印象を受けるかもしれない。これはApple Store等でiPad 4thと並んで展示されている場合にも言えることだ。

iPad miniを除いては、これまでのAppleの既定路線に則った製品であり、2,3世代前からの買い替え需要には応えられるラインナップだと思う。

今回のイベントはほぼ出てくるラインナップが予想出来ていた上に、個人的な興味を惹かれるものも無さそうだったので、久しぶりのライブストリーミングだったが見ずに寝てしまった。
前回、今回と事前のリークが多いせいもあって、サプライズ感が無いのが少し残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アマゾンでKindleの予約開始

日本でもKindleの予約が始まった。

発売予定日は、
Kindle Paperwhite: 11月19日
Kindle Paperwhite 3G: 12月2日
※Kindle Paperwhite 3Gは日本国内で無料でドコモの3G回線が利用できる。
Kindle Fire: 12月19日
Kindle Fire HD: 12月19日

価格は
Kindle Paperwhite: 8,480円(U.S. $117)
Kindle Paperwhite 3G:12,980円(U.S. $179)
Kindle Fire: 12,800円(U.S. $159)
Kindle Fire HD: 16GB: 15,800円(U.S. $199)
Kindle Fire HD: 32GB: 19,800円(U.S. $249)
Paperwhiteは$1=72円相当とお買い得感がある。

今朝、Appleから7インチのiPad miniが発表されたが、これに対抗するのは同じく7インチのKindle Fire HDということになる。
スペックはどちらも7インチのマルチタッチスクリーンに、デュアルコア。重さはiPad miniの308gに対してKindle Fire HDは395gと若干重たいものの、ほぼスペック的には重なる。
iPad miniの28,800円からという値段に対してKindle Fire HDは15,800円と価格競争力もある。

この6〜7インチ程度のサイズがターゲットにしている主な利用ターゲットは電子ブックだろう。Appleが今回の発表に合わせてiBooksを3.0にアップデートしたことからもそれは明らかだ。

そうなると迷うのはどちらがブックリーダーとして適しているかということになる。iPad miniの最大のウリは豊富なアプリケーションにある。現在iPhoneのみを所有しているユーザーにとっては手軽な価格でより大画面のminiを入手することが出来るようになるし、iPadのみを所有しているユーザーにとっては持ち出しやすいデバイスをやはり安く入手することが出来るようになる。iPhoneまたはiPadのどちらか一方を所有しているユーザーにとっては、iPad miniはコストパフォーマンスを考えるとそれなりに魅力のある製品だと言える。

逆にKindle Fire HDはiOSユーザーよりもどちらかと言えばAndroidユーザーがターゲットになるような気がする。もちろんiOSユーザーにとって魅力が無い製品だということではないが、やはりアプリケーションの継承を考えると手が出しづらい部分はあるだろう。
そしてこの両製品に押し出されるようにして、既存のソニーや楽天は終焉に向かうような気がする。

いずれにせよ、選択肢が増えたのは良いことなのは間違いない。

以前の記事でも書いたが、個人的に一番興味があったのはKindle Paperwhiteだ。
現在、iPhone4SとiPad2を使用しているので、先に書いたとおりアプリケーションの継承を考えると選択はiPad miniということになるが、求めるものがブックリーダー機能のみの場合は観点が違ってくる。Kindle Paperwhiteの最大のメリットはそのバッテリー駆動時間だ。iPad miniやKindle Fire HDはCPUやグラフィックがパワーを必要とするために必然的に利用時間は数時間程度に留まる。これは現在のバッテリー性能では仕方が無いことだ。
一方のKindle Paperwhiteは8週間と、利用時間の桁が違う。ほぼ毎日、バッテリーを意識せずに本を持ち出すという趣旨からすればこの利用時間は最大の魅力だ。読む対象がマンガのようにグラフィック性能を必要とするのであれば別だが、読むのは小説などの文章ばかりであるならば何も問題ない。
外出時のアプリケーションはiPhone4S。家ではiPad2。読書はKindle Paperwhiteと使い分けもハッキリしてくる。iOSアプリもリリースされているのでKindle用の書籍をiOSデバイスで読むこともいざとなれば出来る。

ということで、予約したのはKindle Paperwhite。いざとなればiPhoneのテザリングを使用すれば良いので3Gも不要とした。持ち運びが前提なのでレザーカバー
のオプションを付けた。カバーがあるので保護フィルムは不要。
予約時点では発売日の発送だったが、1日後にはすでに2週間待ち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 2日 (火)

ソフトバンクがイー・アクセスを買収

ソフトバンクによるイー・アクセスの買収が発表された。
これによりiPhone5で1.7GHzのイー・アクセスが敷設してきたLTEを利用できることになるが、果たして大丈夫だろうか?

8月末時点でソフトバンクの契約数は3491万人、イー・アクセスは420万人である。ソフトバンクの契約数は抱き合わせ販売で数パーセントは水増しされているが、それでも3000万強と約8倍なのは間違いない。
まだiPhone5は発売されたばかりだが2012年のiPhoneの国内販売見込みが700万台超であることを考えると、1年で800万台以上が販売される可能性がある。その半分がソフトバンクとしても約400万台、つまり現在のイー・アクセスの契約数とほぼ同数のLTE端末が増えることになる。
そもそもネットワークは契約数を考慮した上で構築される。経営上の観点からも決して余裕が豊富にあるものではない。イー・アクセスは契約数を考えるとそれほどバックボーンの容量も無いだろう。販売されたiPhone5が全てイー・アクセスのネットワークを利用するわけでは無いが、それでもトラフィック量の多いiPhoneの大量流入によって、既存のイー・アクセスユーザーへの影響はそれなりのものが予想される。元々イー・アクセスのユーザーはモバイルルータによるデータ通信が中心でユーザーあたりのトラフィック量は多く、ソフトバンクの逃げ道となるだけ余裕があるかは微妙なところではないだろうか。
基地局が増えれば電波をつかみやすくなるというのは一般ユーザーには分かりやすいので遡及ポイントとなるが、電波をつかむのと実際に通信を行うのは別である。アンテナが5本立っていても通信出来ないというのは、キャリアの設計ミス以外の何ものでもない。

イー・アクセスのカバーエリアについても都市圏を中心としたものでこれはソフトバンクのエリア戦略と重なる。そういう意味では補完としての役割には適しているのかもしれないが、端末からしてみると同じ場所でソフトバンクの2.1GHzとイー・アクセスの1.7GHzをつかむことになる。つまりソフトバンクのiPhone5は2.1GHzの3G、900MHzの3G、2.1GHzのLTE、1.7GHzのLTEと4つの周波数帯を切替ながら通信することになる。
auはどうすれば効率良く通信できるかを良く考えて基地局設計をしているのに対して、ソフトバンクはとりあえず基地局を立てれば圏外が減るだろうという下手な鉄砲も数打ちゃ当たる方式で基地局設計をしているからではないだろうか。先日の発表でも8月18日時点でソフトバンクのLTE基地局免許数が10,673に対してauは4,516と発表していたが、まさにこの数字がそれを示している。
電波設計は非常に複雑なものでそう簡単に基地局を増やせるものではない。ソフトバンクのバッテリー消耗が早いのはこの基地局数が原因で、同じ場所に複数の基地局からの電波が入り乱れているために頻繁に回線のネゴシエーションが発生しているからだろう。
今回イー・アクセスの基地局にも接続することで頻繁に2.1GHzと1.7GHzの間で切り替わってしまいバッテリーを急速に消耗する可能性がある。
そうでなくてもソフトバンクのiPhoneはauのiPhoneに比べてバッテリーの消費が早いと言われているのに、それがさらに加速することになりかねない。

通信トラフィックやバッテリー消耗についてはユーザーが手を出せる部分ではないだけに、ソフトバンクがしっかり考えて対処しなければならないが、スピードを重視している企業スタンスからしてあまり期待は出来ないかもしれない。

基地局数や月額使用料など数字でユーザーに遡及する手段についてはソフトバンクは上手いし、ユーザーも「数字の差」はパッと見て分かりやすい。また、ユーザーの要望に対処するまでのスピード感も持っている。いずれもキャリアを選択する場合の判断材料にし易いのは確かだ。
その一方で数字で見えない部分、使ってみて初めて感じる部分についてもユーザーがしっかりと考えるべきだ。もちろん自分のエリア状況や家族割りなど様々なメリット・デメリットを判断した上でソフトバンクを選択するのは有りだが、2年契約のしばりが基本となった今では単純に笛の音に踊らされてしまうとイライラさせられる2年間を過ごすことになりかねないので注意。せっかくソフトバンクとauという2つのキャリアを選択できる自由を得られたのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »