« WWDC 2013 予想 | トップページ | Parallels Desktop 8 でMavericksを動かす »

2013年6月11日 (火)

iOS7ベータからiOS6.1.3へのダウングレード(正式リリースされたため不可)

WWDCで発表されたiOS7、開発者向けにはベータ版がリリースされている。色々試してみる開発者もいるだろうが、万が一iOS6にダウングレードする必要が出た場合は以下の方法。
※正式リリースされたのでダウングレードは不可となった。この方法はiOS7がベータ版の間のみ可能。正式版がリリースされたら例えベータ版からでもiOS6にダウングレード出来なくなる可能性が高いので注意(iOS7の正式版をインストールすることになる)。iOSベータ用に用意されている機能のため、脱獄は不要。


1. iOS6.1.3のファームウェアをダウンロード。
2. iOSデバイスをiTunesに接続する。
3. スリープボタンとホームボタンを長押しし、画面が消えたらスリープボタンのみ離す。
4. 以下のダイアログが出たらホームボタンを離して[OK]をクリック。この時iOSデバイスの画面が消えていること。
Iosdg01
※iOSデバイスをiTunesに接続しないまま3の操作を行った場合は、iOSデバイス上にiTunesへの接続を促す画面が表示されてからiTunesに接続しても良い。

5.iOS7へのアップデートと同様に Optionキーを押下しながら[iPhoneを復元…]をクリック。
6. 手順1でダウンロードしておいたiOS6.1.3のファームウェアを選択する。
7. iCloudにアカウントを登録している場合は、設定しているAppleIDで認証する。
Iosdg02


8. 以降、バックアップから復元。※通常の復元と同じ。そのため6.1.3以前の状態でバックアップを取っておくことが望ましい。
Iosdg03

iOS7はiTunes11が必須となっているが、上記の方法だとiTunes10でも復元することが可能。

|

« WWDC 2013 予想 | トップページ | Parallels Desktop 8 でMavericksを動かす »

iPhone」カテゴリの記事

iPod touch」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/579837/57572485

この記事へのトラックバック一覧です: iOS7ベータからiOS6.1.3へのダウングレード(正式リリースされたため不可):

« WWDC 2013 予想 | トップページ | Parallels Desktop 8 でMavericksを動かす »