« Parallels Desktop 8 でMavericksを動かす | トップページ | UP by Jawboneの交換 »

2013年6月15日 (土)

iTunes11からiTunes10.7へダウングレード

いつものごとくAppleがアナウンスしているダウングレード手順は無い。

iTunesはフレームワークと連携しているため、単純にTimeMachineからiTunes10を復元しただけではエラーとなる(システムディスク全部を復元すれば問題ない)。
今回は以下の手順で対応。

1. Appleのサポートサイトから10.7のdmgをダウンロード。
2. iTunesライブラリでPrevious iTunes Librariesから10.7用のライブラリでiiTunes Library.itlを置き換え(少なくとも10.7が認識するライブラリ。11へアップグレード後に曲の追加等を行った場合はxmlファイルからライブラリファイルを作り直すことになる)。
3. /Users/Shared/SC Infoを削除
4. ターミナルを起動してkillall iTunesHelperを実行。
5. /System/Library/PrivateFrameworksへ移動。
6. 以下のフォルダを削除。
    AirTrafficHost.framework
    CoreFP.framework
    DeviceLink.framework
    iTunesAccess.framework
    MobileDevice.framework
7. iTunes10.7をダウンロードしたdmgからインストール。


ポイントは3〜6の手順。
ライブラリを10.7のものに戻してiTunesアプリをダウングレードしただけだとiTunesを起動する度に不明なエラー(‐42408)が表示されるし、iTunes Storeから購入したDRMの掛かった曲の認証が正常に行われず、再生することも出来ない。
通常の認証エラーならば3.で記述しているSC Infoの削除だけで解決するが、iTunes11をインストールするとFrameworkが書き換えられてしまうため、4.から6.の手順でこちらも旧バージョンに戻す必要がある(手順7.のiTunes 10.7の再インストールの際には、このフレームワークがダウングレードされない)。


【最大80%OFF】全品特価 iPhone、iPodアクセサリ 在庫処分セール - Amazon.co.jp

|

« Parallels Desktop 8 でMavericksを動かす | トップページ | UP by Jawboneの交換 »

iTunes」カテゴリの記事

Mac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/579837/57598856

この記事へのトラックバック一覧です: iTunes11からiTunes10.7へダウングレード:

« Parallels Desktop 8 でMavericksを動かす | トップページ | UP by Jawboneの交換 »