« 2013年6月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年7月

2013年7月23日 (火)

iPhone構成ユーティリティを修復

自宅のMacは10.6.8のためApple Configuratorが動作しない(10.7.5以降)ため、iPhone構成ユーティリティを使用しているが、今回設定を変更して書き出そうとしたところ「構成プロファイルに署名」がグレーアウトして選択できない事象が発生した。

Iphone_conf01


作成した構成プロファイルを配布するわけではないので署名なしでも問題はないが、赤文字で未検証と表示されるのはあまり気持ちのいいものでななく、やはり緑文字で検証済みと表示させたい。

まずファイル ~/Library/Preferences/com.apple.iPhoneConfigurationUtility.plistを削除したけど事象は再発。

次にキャッシュフォルダ ~/Library/Caches/com.apple.iPhoneConfigurationUtilityを削除でも改善せず。
※キャッシュフォルダが存在しない場合もある。

最後にiPhone構成ユーティリティを再インストールしたところやっと動作するようになった。
※再インストールしてもiPhone構成ユーティリティ内の構成プロファイルが削除されることはない。

大抵の場合はcom.apple.iPhoneConfigurationUtility.plistファイルのみを削除すれば直るようだが、今回はそれだけでは直らずユーティリティの再インストールまで行うことになった。

現時点ではiPhone構成ユーティリティの再インストールによるシステムの不具合は発生していないことから、しばらくこのままで様子を見ることにする。

Iphone_conf02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 5日 (金)

USB充電ポート付きOAタップ

これまでも外付けドライブ以外にもiPodやiOSデバイスなどUSBポートに接続してデータ転送や充電を行う機器を使ってきたが、最近ではKindle PaperwhiteやUP by Jawboneなどデータ転送は行わず充電用途にUSBポートを使用する機器が増えてきた。メインで使用しているMacBook Proの17インチはUSBポートが3ポートあるが、それでも充電の際に抜き差しが必要でそれなりに面倒に感じたのでUSBポート付きのテーブルタップオウルテック USB充電ポート付きスマートOAスタンドステーションを購入。

選択したポイントは
・コンセントの差込3口が上部にあり、しかも1口は他の離れているので大型のACアダプターを接続し易いこと。
・3ポートあるUSBポートの給電能力が合計で2.1Aであり、タブレット等にも十分な給電能力があること。
・オウルテックはPCの電源で定評がある国内メーカーで、安定性や安全性等の品質にも期待できること。
の3点が大きい。
上記以外にもコンセントが180度向きが変えられるスイングプラグであったり、用途は限られるもののスタンドが付いていたり等々、よく考えられている。
差込口が離れているために多少面積が大きいこととケーブル長が1.8mなので、置き場所を選ぶ傾向はある。それでも単体のテーブルタップとバスパワー対応のUSBハブ(ACアダプター付き)をそれぞれ設置するよりはスッキリする。


製品情報 - オウルテック


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年9月 »