« 2014年4月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月 3日 (日)

Shazam for Mac

Shazam

iOS8でSiriの対応が予定されているShazamのMac版がリリースされたので試してみた。

アプリケーションを起動するとメニューバーに常駐する。あとはマイクから拾った音やMacで再生している音楽から次々検索し、結果が通知センターに表示される。アプリケーションメニューの履歴から販売している曲はiTunes Storeのリンクが表示されるので、映画のBGM等で流れた曲を簡単に購入することも可能だ(この時のアフィリエイト報酬が収入源の一つになっているのだろう)。

デフォルトではフルスクリーンで動画を再生する際にも通知センターでバナーが表示されるが、これは他の通知と同様に[システム環境設定]-[通知]から非表示にすることが出来る。

映画を見ている最中に気になる曲をすぐチェック出来たり(セリフが被っていても検索してくれる)、カフェ等でMacBook Airで作業している際にもBGMを検索してくれるのは意外に楽しい。
精度もそこそこで、早い場合は三小節ぐらいで表示されるケースもあった。

ただしMacで4時間タイマーは不要だと思う。

対応OSはMavericks以降。

Appstore_apple7a9dfd5c

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Google Driveが原因でFinderが再起動を繰り返す

Finderが「"Finder”を最後に開いたとき、ウインドウの再開中にアプリケーションが突然終了しました。もう一度ウインドウを再開しますか?」のメッセージを表示して再起動を繰り返すようになった。

Finder


一般的なアプリケーションではなくFinder.appが再起動を繰り返すということは、Finderの設定ファイルが壊れたかFinder拡張のアプリケーションの不具合かのどちらかだろう。

~/Library/Preferences/com.apple.finder.plistを確認したところ異常は無かったのでコンソールでsystem.logを確認。以下のメッセージが該当すると思われたのでGoogle Drive.appを終了したところ、事象が発生しなくなった。
Google Drive[7318]: Failed to send: -609
Google Drive[7318]: Finder process not found!
Google Drive[7318]: Failed to send: -600
ReportCrash[8115]: Saved crash report for Finder[572]

再度、Google Drive.appを起動すると同様の事象が発生することから、Google Driveの設定から[アカウントの接続を切断…]を実行した後、Google Drive.appと設定ファイル、ホームディレクトリにあるGoogleドライブフォルダを削除、その後再インストールをしたら事象も発生することなく正常に動作している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年9月 »