« 2017年9月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年4月

2018年4月20日 (金)

El Capitan (10.11.6) にセキュリティアップデート 2018-002をインストールすると画面共有が出来なくなる

El Capitan (10.11.6) にセキュリティアップデート 2018-002をインストールすると、画面共有が動作しなくなり他のホストから画面共有.app (VNC)で接続出来なくなる場合がある。

Mac mini (Late 2014)でこのトラブルが発生した。

現在、Mac miniはサーバーとして使用しておりディスプレイは接続していないため、画面共有が使えないと設定変更等の操作が何も出来ない状況になってしまう。

運が良ければ以下の方法で復旧可能。ただし、SSHで接続出来ることが条件で事前にSSHの設定が必要となる。

1. SSHで対象のマシンに接続。
2. software update -ia を実行。

$ softwareupdate -ia
Software Update Tool
Copyright 2002-2015 Apple Inc.

Finding available software

Downloading Remote Desktop クライアントアップデート
Downloaded Remote Desktop クライアントアップデート
Installing Remote Desktop クライアントアップデート
Done with Remote Desktop クライアントアップデート
Done.


今回はこれで回復出来た。インストールされた Remote Desktop クライアントは3.9.3。このバージョンは2017年にリリースされたものと同じバージョンで不具合が発生したMacにもインストール済みだったのだが、今回のセキュリティアップデートで無効化されてしまったのかもしれない。

SSHで接続出来ない場合はディスプレイを接続してからターミナルを起動して、上記のコマンドを実行出来るし、Mac App Storeから再インストールも可能だろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月 3日 (火)

DNSサーバーを1.1.1.1に変更

インターネットセキュリティ関連のCloudflareが新しいDNSサービスを開始した。

詳細は https://1.1.1.1/ja-jp/ に記載してあるが、DNSでのアクセス履歴を保存しないというのが特徴の一つになっている。
昨年アメリカではユーザーのWEB履歴をユーザーの同意無しで販売が可能となったが、どうやって履歴を集めるのかというとDNSで集めるのが一番手っ取り早い方法だろう。
GoogleがパブリックDNSを8.8.8.8と8.8.4.4で運用しているのもアクセス履歴を収集することが一番の目的であり、利便性をユーザーに提供するというのは建前でしかないのは周知のとおり。
Cloud flareのサービスでは、このDNSの履歴を保存しないので、アクティビティが追跡されにくくなる。
もちろん、アクセス履歴を取っているのはDNSサーバー以外にもあるのだから効果は限られてくるが、それでも何もしないよりはマシだ。

もう一つの特徴はその速度である。GoogleのパブリックDNSが有名なのはその速さにあるのだが、今回立ち上げたサービスはそれらよりも28%速いという。

サイトにはOSごとのセットアップ方法も記述されている。
具体的なIPアドレスは以下のとおり。

IPv4
1.1.1.1
1.0.0.1

IPv6
2606:4700:4700::1111
2606:4700:4700::1001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2018年10月 »