« Firefox Sendを使ってみた | トップページ

2019年3月17日 (日)

Hushed.comを使ってみた

海外の電話番号とU.S.のみSMSを使用出来るサービスのHushedで永年(Lifetime)ライセンスを入手する機会があったので試してみた。

https://hushed.com

永年ライセンスはアプリからは購入出来ないが、恐らくは法人用のライセンス形態なのだろう1回線 $150 (複数回線版もあり)で購入出来る。今回はこのライセンスを$22.50で購入。

永年ライセンスと言っても通話も無制限というわけではなく1,000分/年、SMSも6,000/年の制限がある(複数回線版ではもう少し多い)。
注意するのは上記の制限が発信だけでなく受信分にも適用されることだろう。
この制限を使い切った場合は翌年を待つか、プリペイドクレジットの追加購入を行うことも出来る。

電話番号は色々な国から選べるが、SMSも使いたかったのでアメリカの番号を選択した。
これでVPNと合わせてネット上ではアメリカ限定のサービスを利用しやすくなった。あとはアメリカ住所と、安くて安全で信頼出来る転送サービスが利用出来るようになればいいのだが。

|

« Firefox Sendを使ってみた | トップページ

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Hushed.comを使ってみた:

« Firefox Sendを使ってみた | トップページ