« 2018年11月 | トップページ

2019年3月

2019年3月17日 (日)

Hushed.comを使ってみた

海外の電話番号とU.S.のみSMSを使用出来るサービスのHushedで永年(Lifetime)ライセンスを入手する機会があったので試してみた。

https://hushed.com

永年ライセンスはアプリからは購入出来ないが、恐らくは法人用のライセンス形態なのだろう1回線 $150 (複数回線版もあり)で購入出来る。今回はこのライセンスを$22.50で購入。

永年ライセンスと言っても通話も無制限というわけではなく1,000分/年、SMSも6,000/年の制限がある(複数回線版ではもう少し多い)。
注意するのは上記の制限が発信だけでなく受信分にも適用されることだろう。
この制限を使い切った場合は翌年を待つか、プリペイドクレジットの追加購入を行うことも出来る。

電話番号は色々な国から選べるが、SMSも使いたかったのでアメリカの番号を選択した。
これでVPNと合わせてネット上ではアメリカ限定のサービスを利用しやすくなった。あとはアメリカ住所と、安くて安全で信頼出来る転送サービスが利用出来るようになればいいのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月14日 (木)

Firefox Sendを使ってみた

無料でファイルの送信が可能となるFirefox Sendが正式リリースされたので使ってみた。
使い方は簡単。

https://send.firefox.com/ にアクセスする。
ドラッグドロップまたはダイアログから送信するファイルを選択する。
有効期間を設定する。
[パスワードに保護]をチェックしてパスワードを設定すれば、ダウンロード時にパスワードが必要となる。
[アップロード]をクリックするとダウンロード用のリンクが表示されるので、このリンクを送信したい相手に送ればいい。

ログインしない状態だと1回のアップロードの最大サイズは1GB、有効期間は1回のダウンロードまたは1日だが、ログインすることで最大サイズは2.5GB、有効期間は100回または7日まで設定することが可能となる。
ログインアカウント・パスワードはFirefox Syncで使用しているものと同じものを使用することが出来るので、すでにFirefoxを使用してアカウントも作成済みであれば新しく作成する必要はない。

FirefoxのサービスだがブラウザがFirefoxである必要はなく、SafariやChromeでも正常に動作する。

コラボ作業や複数で編集を行うのであればクラウドドライブを使用した方が便利だが、一方的にファイルの送受信を行うのであればこれで十分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ