« 2020年8月 | トップページ

2021年3月

2021年3月20日 (土)

Nintendo Switchの映像をiMac(27inch Late 2015)に出力

Switchの映像をiMac(5K 27-inch Late 2015)で表示したいのだが、このモデルのiMacにはHDMIの映像入力ができない。


USB-CまたはHDMI出力の映像をiMacに表示できる手頃なアダプターがないかなと探していたところ、Kickstarterに「ShadowCast」(以下、本機)というHDMI映像(含む音声)をUSB経由で出力できるアダプターがあったので(しかも$35!)、出資してみた。
ETAは2021年3月だったがKickstarterのキャンペーンは大抵遅れるのが常だし、チャイナウィルスの影響もあって恐らく遅れるのだろうという予想に反して、3月12日に受領することができた。


接続は簡単で本機のHDMIオス端子をSwitchのドック(製品に付属)のHDMI端子に挿し、本機のUSB-CポートからUSBケーブル(付属)でiMacに繋ぐだけだ。
ただし、iMac Late 2015のUSBはTypeAのみなので(しかも裏側に一々抜き指すのが面倒なので、USB Hubを前面に配置した)、USB-C→USB-Aへの変換コネクタを経由した形になった。


なお、USB-Cオス→USB-Aオスの変換はUSBのIF規格外となるため自己責任となるが、本機は電力を供給することはないのでiMac側に過電流が流れることはないだろうし、それ以前にKickstarterのキャンペーンページにUSB-Aに接続する場合は市販のアダプタで変換して…と書いてあったこと、USB-Hubを経由することから直接iMacに影響は出ることはないだろうと判断した。


映像の出力にはメーカーのサイトから表示用のアプリケーション(Genki Arcade)をダウンロードするだけ。OBS対応のソフトウェアにも対応しているらしいが使っていないため、可否は不明。


初めて接続してアプリケーションを起動したところ、[ShadowCast device is not connected.]と表示されたが、変換アダプタの上下を逆(つまり変換アダプタ側のUSB-Cを上下逆)にしたところ、正常に表示されるようになったので、恐らくは本機側は必ずデバイスとして認識されるように作られているのだろうと推測。
使い心地は快適で、アプリケーションは表示サイズを任意に変更できる(本機からの出力は1920x1080 @ 60fps)し、フルスクリーンも可能。iMacにはCore i7を搭載しているがCPU使用率は概ね10%強でメモリも40MB程度。
この手のアダプタで気になる遅延だが、映像によるものの20msも遅れていないだろう。
マリオカートをやってみたが、遅延による動作の遅れは全く感じなかった。


アプリケーションの設定はパフォーマンス優先か解像度優先と映像優先の切り替え、マイク入力先、録画等の保存先フォルダの選択のみ(ver1.1 から音声ボリュームも変更可)。
Macの場合はOS X 12以上、Windowsは7以上やChromeの機能拡張を使用すればブラウザ上でも表示できる。ちなみにブラウザ(Chrome)上で動作させても遅延はスタンドアロンアプリケーションと変わらない。
入力元がHDMIなのでSwitch以外にもPlayStationやHDMI出力のあるPCにも接続が可能だろう(Switch Liteはドックに挿すことができないし、そもそもUSB-Cに映像出力機能がないので無理)。


$35でこの性能は十分に満足(定価は$49.99を予定だが、2021年3月時点でINDIEGOGOで$39で入手可)。


続きを読む "Nintendo Switchの映像をiMac(27inch Late 2015)に出力"

| | コメント (0)

« 2020年8月 | トップページ