iOS

2022年9月22日 (木)

ショートカットappからヘルスケアのデータを登録…で不具合

ヘルスケアに定期的にデータを入力するのはアプリを起動して入力する項目を選択しデータを追加をクリックしてデータを入力…と結構面倒だ。
しかしショートカットappを利用すればこれが簡単に行えるようになる。
アクションは「入力を要求」で登録する値の入力画面を表示し、「ヘルスケアサンプルを登録」で登録するデータの種類を選択して、要求で入力した値を渡すことになる。
この「ヘルスケアサンプルを登録」で登録するデータの[種類]を選択するところでエラーが起きた。
通常ならば種類を選択すると「アクセスを許可」が表示されて、ここをクリックすることで書き込み権限を付与することが出来るはずなのだが、エラーでは「アクセスがオフです。ヘルスケアデータのカテゴリをオンにできます。」という意味が通じないメッセージが表示され、リンクも「ヘルスケアを開く」でヘルスケアappを起動するのみとなる。
さらにヘ設定appのヘルスケアで「データアクセスとデバイス」→「ショートカット」をクリックしても権限を付与したい種類が表示されないので登録する権限を許可することも出来ず、結果としてショートカットからデータを登録することも出来ないというのが不具合の事象だ。
大抵のデータは不具合なく登録出来るようになるはずだし、上記のメッセージが表示された後も設定appで許可をオンにすることが出来るはずなのだが、一度出来なくなると以下の解決方法が必要となる。
解決方法は以下のとおり。
設定appの「一般」で「言語と地域」をタップ。[優先する言語]で英語を先頭にしてから、Shortcuts appで「Log Health Sample」を追加して[Type]で種類を選択すれば、正常時と同様に許可画面が(英語で)表示されるので、Allowで権限を付与すれば良い。
あとは言語を日本語に戻しても権限は付与されたまま使える。問題なのは種類(Type)を英語で選択する必要があることだ。HeightやWeightのような簡単な英語なら良いが、難しい医学用語は調べておく必要がある。
つまり、一度英語で権限許可を行えばその後は日本語でも操作ができるようになる。
この不具合の厄介な点はアプリが表示しているメッセージの意味が通じないので、対応する方法も分からないということだ。

| | コメント (0)

2016年9月14日 (水)

iOS10

導入は当面見送り。

「ミュージック」アプリのメディアライブラリはiTunesストアがデフォルトとなっており、デバイスにコピーしたものは「ダウンロード済み」として区別される。
iPhoneにコピーした曲を再生しようとすると、一度「ダウンロード済み」に移動してから、改めてアーティストなりアルバムなりを操作することになり、アクションが一つ増える(そもそもiOS9ではトップ画面で、アーティスト一覧等で表示することが出来るので、アクションは少なく出来る。トップのアーティストやアルバムを選択すると、iTunesストアで購入したものが表示される。しかも海外アーティストはカタカナ表示で…自分にはこれが致命的で、例えばVan Halenはヴァン・ヘイレンとなり、リストでは下の方の「V」から上の方の「ウ」に表示れる。さらに日本のストアでヴァン・ヘイレンでアルバムを購入し、ダウンロード後にVan Halenとしてからアルバムのうちの南極かをiOSデバイスにコピーしたとする。そうするとコピーした曲はVan Halenのアーティストの配下にあり、ヴァン・ヘイレン配下にはアルバムのうちコピーしていない曲が表示される。なんともややこしく、探しづらいことこの上ない。
これはApple MusicとシームレスにしたいというAppleのビジネスの都合によるのだろう。iPhoneにライブラリをコピーしないユーザーにとっては便利なのかもしれないが、逆にこれまでのライブラリーをコピーして使ってきたユーザーにとっては使いづらい(そもそも洋楽アーティストをカタカナで表記すること自体が間違いだと思う、日本のアーティストでアルファベットのバンド等はアルファベット表記なのだから、なおさら無意味で、面倒になっている)。
「ビデオ」アプリには「iTunesで購入したものを表示」オプションがあるのだから、なおさらApple Musicのために、Apple Musicの利用を前提としたものとしか考えられない。
Appleに「あなたの使いたい使い方はこうでしょう」と勝手に勘違いされた上に「我々の考えたとおりにApple Musicを使いなさい」と指示されているようにすら感じられる。
それぞれのタブのタイトルが大文字なのも気に入らない。英語だとバランスが良いのかもしれないが、日本語表示には向かないと思う。
バグだと思うが、iOS9からアップグレードすると、コピーしたスマートプレイリストは引き継がれない(正確にはプレイリストは存在するものの、曲がクリアされてしまう)ケースがある。

音楽再生については、iPodのインタフェースが良かったとつくづく思う。アーティストや曲を選択、ボタン長押しでアーティストの検索表示などは、iOSの方が上手にやれると思うのだが、Appleの考えでは「検索」すれば良いというものなのだろう。再生中にダイレクトに選べるから便利なのに、一々「選択」にアーティスト名を入力するなど面倒以外のなにものでもないのに。

iMessageでやり取りするのは、仕事の短文のみで今回の機能追加は使わないし、「マップ」についてもGoogleマップになれてしまい、わざわざ純正アプリを使う理由が無い。「写真」アプリについてもしかり。「ピープル’「撮影地」など余計なアルバムを追加して邪魔。「ホーム」についても対象機器を使っていないので無意味。

初期セットアップ時のApple IDの設定で「iCloud」と「iTunesストア、Appストア」で異なるIDを設定出来るようになったのは評価出来る。そもそも開始時期の大きく異なる、iTunesストアとiCloudを同じアカウントで処理しようというのが無理筋で、特にiCloud導入時に新しくiCloudのメールアカウントを作成出来るとアピールしたのだからなおさら。これまではセットアップ後にiTunesストアのアカウントを設定し直す手間があり、なにげに面倒だった。

結果、今回のiOS10は現時点では自分にとって利用価値のあるアップデートではないということだ。ここ数年のiOSのアップデートでこれは良いと思ったのは、iCloudの連携強化、TouchIDのサードパーティ解放、コントロールセンター、AirDrop、Handoffぐらいだ。アプリのインタフェースや機能追加はことごとくハズレで、行き詰まり感を禁じ得ない。
発表でも「こんな機能を追加しました」だけで、その後の「楽しそうでしょ?便利そうでしょ?」というのが伝わってこない。つまり、その機能を使うシーンを感じられず、自然ワクワクしないのだ。

なお、Appleのサイトに記載されている主な仕様変更以外でも、「設定」アプリ等で幾つか変更があった。
デスクトップの表示では、ドコモ回線で「LTE」が「4G」に変更。
「時計」アプリにベッドタイムが追加されたが、目覚ましサウンドのプレビュー再生が出来ず、朝になってみないとどんな音になるのかは分からない。
「メール/連絡先/カレンダー」メニューが「メール」「連絡先」「カレンダー」に分割。なお、アカウントの設定はどこで実行してもそれぞれに適用されるので、単にメニューをわけただけだと思う。
「一般」にあった「自動ロック」が「画面表示と明るさ」に移動。
「一般」にあった「Siri」が設定のトップに移動。
「Handoffと候補のApp」が「Handoff」に変更。
「Spotlight候補」に「検索の候補」と「調べるの候補」が追加。
「通知」から「並び替え順序」と「Appごとにまとめる」が削除。
「Find iPhone」アプリが「iPhoneを探す」に戻った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)