MacBook Air

2015年5月10日 (日)

AirDropで転送したファイルをFinderに表示

MacBook ProとMacBook AirをYosemiteにアップデートした。

MacBook ProのCPUはSnowLeopard時代のSandy Bridgeだが、クアッドコアであることとメモリを16GBに増設していること(GPUも修理されているし)からスペック的には問題ないだろう。昨年リプレースしたMacBook AirはMavericksがプレインストールされていた機種なので、こちらも特に問題ない。

「このMacについて」で確認するとMacBook Proでは詳細なモデルまで表示されるが、MacBook Airでは機種名のみだった。

Mbp    Mba


MacをYosemiteにしたので、iCloud Driveを有効にした。[写真]でiCloud フォトライブラリを有効にしてみたら、iOSデバイスからカメラロールが削除されたため、無効に再設定。無効にすればiOSデバイスにカメラロールが復活する。

Photolibrary


Server上でVPNを有効にしていることから、iCloudの設定で[どこでもMac]は無効に。

ウィンドウの半透明化は不要なので[システム環境設定]の[アクセシビリティ]で「透明度を下げる」にチェックした以外はこれまでのMacと同じように設定。

Accesibility


なお、[システム環境設定]の[一般]で[スクロールバーの表示]を「常に表示」に設定すると[システム情報]で改行が崩れるバグは健在。

Yosemiteのメリットの一つがiOSデバイスとの間でAirDropが使用出来るようになったこと。

外出時はMacBook Airを使用し、MacBook Proは基本的に自宅でのみ使用していることから、AirDropの検出可能な範囲を「連絡先のみ」にした上でOnyxを使ってAirDropを強制的にオンに設定。これでFinderを開いてAirDropを選択しなくても受信が出来る。

Onyx


MacのAirDropでは受信ファイルは自動的に「ダウンロード」フォルダに格納されるが、Automatorを使って受信したファイルを表示するようにした。

1. Automatorを起動して新規作成で「フォルダアクション」を選択。
2. [フォルダを選択]でダウンロードフォルダを選択し、「Finder 項目を表示」を追加して適当な名前で保存。
3. Finderで「ダウンロード」フォルダを選択して[サービル]-[フォルダアクション設定…]を実行。
4. 先に作成したAutomatorのワークフローを選択。

Amtomator01


Automator02


Folderaction01


Folderaction02


ただしフォルダアクションはAirDropによるものかを判断出来ないので、Safari等でダウンロード先に[ダウンロード]を指定(デフォルト)している場合は、Webからのダウンロードの際にも表示される。


            


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月13日 (月)

MacBook Airに常駐させているソフト

MacBook Air 11 (2013)で以下の常駐ソフトウェアを、AppleScriptで作成したアプリケーションから起動(※を除く)。
AppleScriptでは activate application とメニューバーの並びを揃えるためにdelay を組み合わせて記述。


BetterTouchTool
トラックパッドのジェスチャーにショートカットやアクションを登録
メニューバー非表示

ClipMenu
クリップボードの履歴保存。予め定数として登録しておくことも可能

ControlPlane
MarcoPoloをベースに作られた環境切り替えツール

ClamXav
ウィルススキャンツール

Default Folder X
オープンセーブダイアログ拡張
メニューバー非表示

DragThing
ランチャー。デスクトップにゴミ箱を表示するために使用

Dropbox
オンラインストレージ

Find My Mouse
カーソルの位置を表示

GeekTool
デスクトップに様々な情報を表示

Google Drive
オンラインストレージ。iOS版Chromeで印刷機能で保存したPDFを共有するため使用

Hands Off!※
アプリケーション監視ツール

HyperDock
ドックにウィンドウ等のプレビューを表示
メニューバー非表示

iStat Menus※
メニューバーに内部温度等の各種ステータスを表示

Launcher
キーボードによるアプリケーションランチャー
メニューバー非表示

Palua
ファンクションキーのファンクションモードとアップルモードを切り替え

TotalSpaces2
Lion以降の横並びデスクトップをSnow Leopard以前のSpacesのように縦横に並び替え

UnPlugged
AC電源の接続状況確認。バッテリー残量を通知
メニューバー非表示

SpotlightのアイコンはOnyxを用いて非表示とした。

Menubar

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MacBook Air11インチ 2013を購入

これまで使用してきたMacBook Air 11インチは2010モデルで3年が経過しているため多少バッテリが劣化してきたこと、現在発売中のMacBook Airは$95円換算※1であり今後新モデルまたは価格改定の際に10,000円程度上昇する可能性があること、消費税が8%に変更されること※2等を考慮して、2013モデルを購入。

※1 日本のApple Storeで128GBの11インチが94,095円(税込みで98,800円)だがUSでは税抜き(州ごとに税率が異なるため)で$999。
※2 消費税変更の際に為替レートも変更される可能性あり。

あくまでメインはMacBook Pro17インチであり、MacBook Airのポジションは変わらないためこれまで使用してきた2010モデルと同様の11インチを選択し、メモリを8GB、USキーボードにカスタマイズして購入。カスタマイズではCore i7へ変更も可能だがCore i7もデフォルトのCore i5と同様のDualコアであることと、モバイル専用でメインの作業を行うわけではないので判断してCore i5のまま。ストレージ容量も2010モデルの64GBでやっと最近心許なくなった程度なので128GBの最小モデルで問題なし。

USキーボードへの変更は必須、メモリ交換が困難なモデルは最大容量に変更、ディスク容量は使い方次第というカスタマイズはWindows機を購入していたときから変わらない方針。

USキーボードとメモリのみの変更モデルはほとんどの場合で在庫がなく、今回も発送まで3営業日で中国からの発送になった。

2010モデルからの外見上の違いはほとんどなく、せいぜいキーボードのファンクションキーの刻印が異なる程度。キーボードカバーも2010モデルのものがそのまま流用可能。

インストールされていたOSは当然Mavericksで、GarageBand、iPhoto、iMovie、Keynote、Numbers、Pagesはプレインストールされていた。ちょっとミスしたのは最初のApp Storeに接続した際にすでに上記アプリを持っているアカウントでアクセスしてしまったこと。別のApple IDでアクセスしておけばこの6つのアプリをそちらのApple IDで登録出来たのに。

ハードウェアは問題なく動作しているが、Marvericksのバグで再起動するとログイン項目の設定が消えてしまう事象が発生。またシャットダウンに時間が掛かる事象もあったので再現性を確認するために作成したMavericksのインストールメディアからクリーンインストールを実行。
結果として、ログイン項目が消える事象とシャットダウンの時間が掛かる事象は解消されず。
シャットダウンの時間については、恐らくメモリ圧縮機能かタイマーコアレッシングの影響でデーモンの終了がもたついているものと推測。そもそもMacBook Airを再起動することはほとんど無く、せいぜいソフトウェアのインストールや再起動が必要なソフトウェアアップデートを行う場合のみなので、気にしないことにした。
ログイン項目が消えてしまうのもシャットダウン・再起動と同様にそうそう発生するものではないが、こちらは一々起動するのが面倒なので、Apple Scriptを使ってアプリケーションを起動する方法を採用。このツールを起動項目に入れてから~/Library/Preferences/com.apple.loginitems.plistをロックすることで対応。今後ログイン項目を追加する際にはツールに記述を追加することとした。

なお、インストールメディアからMavericksをインストールするとRecovery HD(復旧ディスク)は削除される。復旧ディスクが無いとiCloudの「Macを探す」が利用出来ないので、本機能を利用する場合は注意。
Findmymac1

Findmymac2


iWorkはApp Storeからダウンロード可能なバージョンはMavericksが必須である上に、このバージョンで編集すると旧バージョンで開けなくなることから所有していたDVDを使って9.0バージョンをインストール、その後9.3にバージョンアップした。今後は分からないが、少し使ってみたところ目立った不具合は発生していない。
現時点ではMacBook ProをMavericksにアップデートする気はないためMavericksを必須条件とする新バージョンをインストール出来ないことと、iPhone4SもiOS6のままで使いたいためiOS7が必須のiWorkアプリの最新版をインストール出来ないことから、MBPやiCloudを経由したiOSデバイス間でファイルを共有するための処置。

MacBook Air単独で使用するアプリはMavericks対応版にアップデートしたが、それ以外はSnowLeopardがインストールされているMacBook Proと互換性を維持、つまりOSとしてMavericksがインストールされているものの、作業環境は出来る限りSnowLeopardに近づける方針で環境を構築。

最後にメニューバーが半透明なのも気に入らないので、白色になるように壁紙を作成。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月 7日 (火)

Macbook Pro 17インチとMacBook Air 11インチの壁紙 バレンタインバージョン と おまけ




Mbp17052    Mba065


Mbp17054


おまけ
iOSが5.1になると無くなるかもしれないので、この機会に。
Mbp17053    Mba066


さらにおまけで2560*1600サイズと2560*1440サイズ。
27053    Imac27053






 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 3日 (火)

Macbook Pro 17インチとMacBook Air 11インチの壁紙 iCloud風




iCloudのアイコン風。
iOSデバイスアイコン作成用にiCloudのアイコンに似せたグラデーションを作成したので、MacBookの壁紙にも適用。

Mbp17045    Mba062


オマケで背景(17インチサイズ)。
Icloud_baclground

Adobe Photoshop Elements 10 Editor    Adobe Photoshop Elements 10 Editor - Adobe Systems Incorporated

続きを読む "Macbook Pro 17インチとMacBook Air 11インチの壁紙 iCloud風"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

Macbook Pro 17インチとMacBook Air 11インチの壁紙 お正月バージョン




謹賀新年。
作ってはみたけど派手すぎて目が痛くなった。すでに酔っ払っているのでなおさら。
あまりに出来が悪すぎたので置き換え。

Mbp17047    Mbp17048


Mbp17051


Mba063    Mba064


続きを読む "Macbook Pro 17インチとMacBook Air 11インチの壁紙 お正月バージョン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月31日 (土)

ATOK passport導入




ATOK Passportを導入した。10台までのMac・Windows等にインストール可能(同時利用は不可だが、手は2本しかないので同時に使えるわけがないので問題なし)なので、しばらくMacBook ProでATOK 2011を試行の後に今回MacBook Airにもインストールした。

それまでMacBook AirにはATOK 2010がインストールされていたのだが、2011をインストール後に入力メニューに異常が発生した。

具体的には入力メニューに
com.apple.inputmethod.Roman
com.apple.inputmethod.Japanese
com.apple.inputmethod.Japanese.Katakana
の三つが表示されるようになった。
Atok01


ただ表示されるだけならばいいのだが、キーボードショートカットで切り替えた際に間違えてこれらの入力を選択してしまうと、Safariなど入力したアプリケーションが異常終了となる。

同様にATOK 2011をインストールしているMacBook Proでは発生していないのでMacBook Airのみの事象となる。MacBook Airはダイエットのために「ことえり」等のインプットメソッドを全て削除しており、それが原因と推測される(ATOK 2011のインストールの際に存在しない入力方法が誤情報として設定されるのだろう)。

システム環境を修正するのも面倒なので、ATOKのインストールメディア内にある[JustSystems]-[Tools]配下の[入力メニュー初期化ツール.app]を実行(再起動するので注意)したところ正常に戻った。
Atok02
Atok03
Atok04

(再起動直後はATOKも表示されなくなるので、改めて[言語とテキスト]から設定)
Atok05


ATOK 2011 for Macから64bitモードで動作するようになっている(32bitで起動しているSnow LeopardのMacBook AirでもATOKは64bitで動作している)。
デスクトップ等に新規フォルダを作成して日本語入力をした際に最初の1文字が消えてしまう不具合が解消されることを期待したが、残念ながら解消には至っていない。
ことえりでは同様の事象が発生していないのでもしかしたら32bit動作のせいかと思っていたがどうやらそうではなく、Snow Leopard自体の不具合のようだ。
MacBook AirもMacBook Proも10.6.8で動作させているため、10.7以降で同様の事象が発生するかは不明。

今回発生した入力メニューと上記の不具合の他は特に問題無く動作している。

続きを読む "ATOK passport導入"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月29日 (木)

MacBook Air用バッグ




MacBook Air 11インチをBookBookに入れているがさすがにそのまま手に持って外に持ち出すのではなく、鞄に入れて持ち歩いている。
平日はブリーフケースに入れているが、休日等にちょっと持ち出す時にいいバッグを見つけたので購入。

Tucano_finatex_small01


Tucano FinaTex Smallはカタログ上ではMacBook Pro 13インチにジャストサイズとなっており(タグには簡易マニュアルのような感じでMacBook Pro 13が入ると書いたあるので、かなりMacを意識した製品)、BookBookを付けたMBAでも十分入る。当然BookBookを外して入れても問題ない(むしろ13インチよりも11インチの方が出入りがスムーズで使い易いかもしれない)。
内側には仕切りがあって、MacBook Airを入れた状態でiPadを入れることも出来る。緩衝材も入っているので保護もそこそこ。

外側は表裏にそれぞれポケットがありモバイルブースター等の小物を入れることが出来る。また、ベルトにはヘッドフォンケーブルを通せるようになっている。
ヘッドフォンはApple In-ear Headphones with Remote and Micを使っているのでiPodをバッグに入れたままリモコンで操作出来るのだが、都度取り外すのも面倒なのでiPhone4Sに付属のイヤフォンを常時入れておくことにした。

Tucano_finatex_small02


素材はナイロンなので高級感は無いが、その分軽くて値段も安い。

このバッグ一つでMacBook Pro 17インチを除く以下のモバイルギアを全部入れて持ち運べるようになったので満足(もっともiPadはあまり持ち出さないのだが)。

・MacBook Air 11 with BookBook
・iPad2 with スマートカバー
・iPod nano
・iPhone4S
・モバイルブースター
・その他USBケーブル等の小物。

続きを読む "MacBook Air用バッグ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月23日 (金)

厄落とし -カーネルパニックの壁紙-




古来、日本では厄落としと言って敢えて縁起の悪いことをすること(飾ること)で、真の厄災を逃れて幸運を呼び込む風習がある。
ということで、Macユーザーにとって最も縁起の悪いものの一つ、カーネルパニックの壁紙集。
MacBook Pro 17インチ、MacBook Air 11インチ、iPhone、iPad用(iPhoneやiPadではこのカーネルパニック画面は表示されず、もっと味気ないエラーの羅列が表示される)

MacBook Pro 17インチ
Kernel_panic_mbp01    Kernel_panic_mbp02

MacBook Air 11インチ
Kernel_panic_mba01    Kernel_panic_mba02


iPad
Kernel_panic_ipad01    Kernel_panic_ipad02


iPhone / iPod touch
Kernel_panic_iphone01    Kernel_panic_iphone02


Adobe Photoshop Elements 10 Editor    Adobe Photoshop Elements 10 Editor - Adobe Systems Incorporated

続きを読む "厄落とし -カーネルパニックの壁紙-"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 5日 (月)

Macbook Pro 17インチとMacBook Air 11インチの壁紙 クリスマスバージョン




MacBook Pro 17インチの壁紙
MacBook Air 11インチの壁紙

青リンゴサンタのMacBook Pro 17インチとMacBook Air 11インチ版。
※初回アップロードから若干修正。

Mbp17019    Mbp17020
MacBook Pro 17インチ(1920×1200)


Mba058    Mba059
MacBook Air 11インチ(1366×768)


最後におまけ。
Appleでおまけと言えば…


Mbp17021    Mba060

さらに1枚、MacBook Pro 17用を追加。
Macbookpro_17santa

続きを読む "Macbook Pro 17インチとMacBook Air 11インチの壁紙 クリスマスバージョン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)